2014年06月05日

「かもしれない」でも避けられない

一体どう書いたものかと考えあぐねること数日間。
しかしこれらの事故には言葉足らずでも触れずにいられません。
この数日で起きた重大な交通事故についてです。


どちらも交通誘導に携わる警備員としてはもちろんのこと、
単なるいち歩行者としても無関心ではいられません。
前者はネット上で事故現場が特定(Googleマップ)されていましたが、
一番見通しのいい方向でも約100mでカーブに隠れてしまう場所。

加害車両はここで時速100km出していたということですが、
これは秒速に換算すると約28m。
視界内の安全を確認して合流を始めても3秒しか猶予はありません。
合流自体ができていたとしても、加害車両と同じ車線に出たなら
即座に100km/h近くまで加速していなければ追突です。
これでは『かもしれない運転』でどうにかなったなどとは言えません。

にもかかわらず、合流側の非を問う向きもあったことに心底驚きました。
年配者が運転する原付という点による色眼鏡もあったでしょうが、
本線側が優先だとかいうことに関係なく安全に配慮しなければ
ならないという気持ちの欠如ゆえの発言に思えます。
この事故ではそれが原因の一端として確実に存在したはずです。

警備員もなにかと色眼鏡で見られがちな職業ですから、
こういった論外の無謀運転に巻き込まれたときでも
「警備員が悪い」という論調に持っていかれてしまうのかもしれません。
なんともやるせない気持ちです。

事故で亡くなられた方々のご冥福と、
負傷された高校生のかたの一日も早いご快癒をお祈りします。
本当にみなさん、ご安全に……。

posted by 警太朗 at 19:16| Comment(0) | 防犯 / 防災 / リスク回避 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

痴漢対策

よく知られている子供向けの防犯標語に『いかのおすし』と
いうのがありますが、痴漢対策にこんな標語もあるんですね。
これは初耳でした。


痴漢・盗撮対策には『おにはそと』『ふくはうち』だそうで、
と(声)を出す、らむ、らう、うだんする、どけ出る
くそうチェック、つにカメラ、ッグにカメラ、
しろにカメラ、ょっとの注意で盗撮ブロック、なんだとか。

後者はか〜な〜りムリクリな気がしますが(笑)、
痴漢被害では女性はもちろんのこと、付随する冤罪によって
男性側も人生を狂わされてしまうことがあります。
未然に防ぐことができれば男女どちらにとってもベスト。

間もなく本格的な薄着のシーズンがやってきます。
しっかり対策していきましょう!

posted by 警太朗 at 12:57| Comment(0) | 防犯 / 防災 / リスク回避 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

飛騨の地震が気になる

昨日からの飛騨地方の群発地震が気になります。
岐阜地方気象台によると火山活動との関係はないとのことで、
大きな地震の予兆では、というようなことも噂されています。

東日本大震災の前には同地方で群発地震が確認されていた
とのことで、不安に思われるかたもいらっしゃるでしょう。
ただ悲しいかな、地震に関しては実際に発生してみないことには
それが前兆であったのかすら判別がつかないのが実情です。

元来飛騨は他と無関係な群発地震も起きやすい土地だとか。
ここはいたずらに不安を感じたり煽ったりすることなく、
かつ大きな地震がやってきても落ち着いた行動が取れるよう、
持ち出し品の準備や不安定な家具等の固定、
職場や友人・家族親族間での安否確認方法のすり合わせ、
脱出経路や避難先の確認などを行う機会ととらえましょう。

posted by 警太朗 at 17:49| Comment(0) | 防犯 / 防災 / リスク回避 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

膝の高さでも命にかかわる

「数十センチの津波」などと聞くと、私たちはつい自分の身長と
比較してたいしたことがないように想像してしまいがちですが、
その脅威が分かりやすくビジュアルになっている記事がありました。


膝の高さを超えればもう生死の問題だということですね。
また流されてくるものにぶつかったり、自身が流されて叩きつけられ
亡くなるかたが多いことを忘れてはいけません。

実際に津波を見たかたは次のようなことをおっしゃるそうです。
「津波とは波ではなく、
 海全体が凄まじい勢いでスライドしてぶつかってくることだ」

posted by 警太朗 at 17:44| Comment(0) | 防犯 / 防災 / リスク回避 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

最良の警報

2014年4月2日朝にチリ沖で発生した地震について、
北海道・東北・関東の一部で津波注意報が発表されています。
気象庁

注意報ということで海岸や海中にいない限り深刻になる必要は
なさそうですが、今回のキモは『深夜の発表』という点です。
みんなが寝静まった時間帯に各種警報があった場合に
それをどう知るべきかは、もっと考えておく必要があるでしょう。

たとえばスマホの緊急地震速報は、
普段の使い勝手を重視して切ってしまっている人が多いはず。
テレビにも『緊急警報放送』なるものがありますが、
すべての電源状態(オフなど)で鳴るものではないとのこと。
つまり就寝中なら鳴らない可能性が高い。
消音や音量を下げていた場合の動作もはっきりとしません。

結局のところ就寝時間帯に警報や避難命令などが発令された
場合には、ご近所のコミュニティが必要不可欠になります。

起きている人がご近所の人たちにそれを伝え、
起こされた人は他の人たちを起こしながら避難する。
原始的で不確実と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、
現代でもまだこれに勝るシステムは存在しないんですね……。

posted by 警太朗 at 04:03| Comment(0) | 防犯 / 防災 / リスク回避 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。