2013年11月18日

バンディットのクラッチレバー

しばしばバンディット1250シリーズのクラッチは重いと言われます。
実際自分も慣れるまでは重いと感じましたし、
今も長い渋滞に巻き込まれると手が痛くなることがあります。

対策としては同じスズキ車の隼のクラッチマスターに交換するという
手があるようですが、なにぶん大掛かりになる上に見た目も
左右でアンバランスになってしまうとのこと。

で、劇的とまではいかなくていいから
手っ取り早く安手に改善する方法はないかと探していると、
U-KANAYA製のアルミレバーが良いとの情報に行き当たりました。
(サイトはこちら

私が選んだのは『アルミビレットレバー GPタイプ』。
いわゆるパワーレバーで、形状が好みでしたし色も選べたので
クラッチ軽減効果は得られなくてもいいやと試してみたところ、
これが大当たり! 体感で1〜2割は軽くなったんじゃないかな?

装着は念のためバイク屋に持ち込みでお願いしましたが、
そのバイク屋さんが「なんでこれで?」って面白がってたぐらい(笑)。
純正レバーよりも調整幅が大きいので、
手の小さい警太朗には握りやすくなったのも効いているのでしょう。

ちなみにレバー位置を一番近くに設定した場合、
バーエンドの形状によってはレバー端が干渉して握りこみ不足が起き、
エンジンを始動できないようです。
その場合は1段階遠くに設定してください。
それでも純正で一番近くしているより近くなっているはずです。

クラッチまわりに手を入れてないバンディット乗りにはオススメです!
お金に余裕ができたらスペア買っとこうっと。

posted by 警太朗 at 19:45| Comment(0) | 趣味 / PC / バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

化学反応?

バイク用ヘルメットには内装を外して洗えるものが多いです。
警太朗のヘルメットもそういった仕様です。

とはいえ、やはり着脱は複雑だったり面倒だったりするもの。
警太朗のも癖があってなかなか綺麗に装着できないので、
汚れる前に洗う回数を減らせるよう手を打ってます。

で、先日、除菌・抗菌・消臭効果があるというスプレーを入手、
季節替わりだし内装にたっぷり吹きつけておいたところ……
翌日になると、ものっそいタバコのニオイがしてきました。
30cmぐらい離してても余裕でニオってくるレベルです(汗)。

警太朗は一切タバコ吸わないのに、なんで!?
汗だって使用法通りにきちんと乾かしてからスプレーしたし!
化学反応とでも言うのか……!?

別の意味で汗のニオイをシャットアウトできたと言えますが
……違う! 俺が求めたのはコレジャナイ!(涙)

posted by 警太朗 at 12:57| Comment(0) | 趣味 / PC / バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

折れたぁ〜!?

先日の台風のさなか、友人から唐突に電話。
「警太朗さぁ、バイクのミラーって余ってない?」

……唐突になにをと首をひねっていると、
突風でスクーターを倒されてミラーが折れたとのたまう。
削れたり割れたりはあっても折れるってあまり聞かないけどなぁ。
可動部があるし……そこが壊れたってことだろうか。

などと考えながら古いバイクのパーツから使えそうなものを
漁っていると、友人到着。差し出されたミラーを見ると……
金属製のステー(支柱)がポッキリ逝ってました。

クラッチやブレーキレバーはわざと折れるように作ってあるけど、
こんなストレートな鉄の棒が折れることもあるんだなぁ(汗)。
ちなみにストックのミラーは受け側が逆ネジのため装着不可。

右ミラーなのでつけてなければお巡りさんにモシモシされるし、
急場しのぎだけでもなんとかできないものか……と考えていると、
カウルぶんの高さを稼ぐため根本にアダプタが
履かされていることに気付く。

アダプタを外してみると、ベースの受けは正ネジ。
何でわざわざアダプタ履かせて逆ネジにするのホ×ダさん……。

というわけで、アダプタなしだとカウルでナットが回せないので
ミラーがちょうどいい角度にくるまでナット位置を試行錯誤しつつ
最後はステーを手持ちでエイヤッと締めて応急措置終了。
なんか妙に疲れました……。

posted by 警太朗 at 23:56| Comment(0) | 趣味 / PC / バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

認定される

点検に出したバンディットを受け取りに行ったとき、
バイク屋の工場長さんがやけにニヤニヤしていたのです。

この工場長さん、私よりずっと年下ながら気遣い上手だし、
腕も確かなので頼りっぱなしなのですが、いわく……
「警太朗さんて意外と飛ばし屋だったんですねぇ」

工場長さんもかつては結構やんちゃをやらかしたかただと
聞いてますが、ニヤニヤがいわゆる「同志よ!」的なニュアンス。
すんません、わたくしバンディットの性能を
まだこれっぽっちも活かせてないんですが……?
むしろ調子乗って買ってゴメンナサイと思ってしまうぐらいに。

てかバンディットに乗るようになって、
これまでよりもずっと運転おとなしくなったと思います。
気軽にアクセルを開けるととんでもないことになるし、
重量車だけに交差点やカーブに勢いつけて入るのは怖いです。
信号無視の歩行者や無謀運転の自転車がいたら
絶対アウトになる自信がある!(ぉぃ)


で、工場長のニヤニヤの真意をはかりかねていると、
「私もプロですから、プラグの焼けとかで走り方わかるんですよ」

プロとしてもちろんそういうのはあるでしょう。それは信じます。
でも俺が飛ばし屋だってのは濡れ衣だ! 誤解です、マジで!

すると工場長、大丈夫ですって〜(ニヤニヤ)」
いや、なにが大丈夫なのか分からないし。
「あの状態だとアベレージでプラス20ぐらいですかねぇ」
すっかり飛ばし屋認定されてる……(汗)。

違います! まだ慣れてないし自信ないのもあって
渋滞なんか思いっきり普通にハマってるんですから!
てか飛ばし屋なんてやってたら、俺の免許が大丈夫じゃないし!

posted by 警太朗 at 21:05| Comment(0) | 趣味 / PC / バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

小柄な人のPCX

PCX、売れてますねぇ。とにかく見かける率が異様に高い。
警太朗の周辺では特に女性人気が高いみたいで、
50ccでは車格も馬力も物足りない、
でもビッグスクーターでは大きすぎるという需要に沿うようです。

実際、自分がPCXに乗ってみたときには
「サーカスの三輪車に乗るクマ」状態だと笑われましたが(涙)、
女性が乗ってると絵的にしっくりきますね。

ただ初めて125ccに乗る人にはシート高が不安要素のようで。
PCXは車重があると言ったって125ccクラスではの話、
充分軽いバイクなので慣れの問題だと思います。
股下70cmほどの警太朗でも
取り立てて足つきが悪いとは感じなかったので。

なんでこんなことを書いてるかというと、知人に相談されまして。
公道の状態はピンキリですから不安はわかるんですが、
オークション出品のカスタムシートへの変更を熱烈希望(汗)。

カスタムシートの効果に関しては実物にまたがってみないと
本当にわからないもので、数値上はシート高が下がる
カスタムシートでも、形状次第で足つきが変わらなかったり
余計悪くもなったりするというのを説明したのですが、
納得してもらえなかったようです。

でシートが届いたというので、交換をお手伝いしてきました。
交換は大きめのプラスドライバー1本でできます。
バイクのメンテは基本バイク屋に丸投げの警太朗でもOK!
シートを上げ、基部のボルトを外して、入れ替えて留めなおす。
以上、終了! プラモより簡単!(笑)

PCXはシートのヒンジ近くにアイドリングストップ用の
着座センサーがあるので、交換後しばらくはドライバーを
積んだまま近場を走って様子を見るのが吉かと思います。

で、インプレッションは……「やっぱあんまり変わんないなぁ」
そう言うだろうと思った。って、いやいや皮肉じゃないですよ。
短足の俺が過去何度も通ってきた道だからわかるのさ!(笑)

posted by 警太朗 at 05:51| Comment(0) | 趣味 / PC / バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。