2014年07月10日

それはあなたの仕事

血液検査の数値がその前にくらべて悪化していたために、
医者から注意を受けました。

「尿酸値が高いね! なんでこんなに悪くなってるの!?」
「分かりません(本当に心当りがない)」
「暴飲暴食してませんか!? 飲み会とか!」
「いえ、全然(実際かなり気をつけてるし酒も飲まない)」
「水分をたくさん摂ってまめにトイレに行ってください!」
「仕事中はトイレ行けないので……」
「ったってねぇ。ホント、なんでこんなに高くなってるのか」
「はぁ……(ったって8.0じゃん(正常値は7.0まで))」
「本当に原因わからないんですか!?」

いやそれを考えるのはあなたの仕事でしょう!?
あんまり口調が強いのでついそう言いそうになりましたさ。

後になって考えれば、仕事でしばらくバタバタが続いて
さらに徹夜の夜勤明けのボロボロだったときに
検査がありましたし、その直前には風邪気味だったりも
したのが関係してるんじゃないかって気がするんですが。

にしても、「太ってるから〜〜が悪いはず」みたいなことを
決めつけられたり、他の大半の数値が正常範囲内なのに
尿酸値だけ殊更に取り上げてやいのやいの言われると、
「医者に病気にされる」てのはこういうことなのかなと……。

posted by 警太朗 at 19:03| Comment(0) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。