2013年12月27日

中国製ITの脅威

中国製品によるITセキュリティリスクがらみといえば、
レノボPCのバックドア問題アイロンのLAN不正使用がありました。
ゆえに中国製のソフトは個人的にはなるべく
導入を避けるようにしてきたのですが、やっぱりと言いますか……。


日本語入力の内容をネット上で集約して
辞書に反映させたり変換効率を高めたりという手法は
Google 日本語入力などでも採用されていますが、
今回のケースでは設定によらず送信していたところが問題です。

変換していなければクレジットカード番号などは送信されない
とのことですが、半角に切り替えるのを忘れて入力した文字列を
IMEに渡されていた経験は誰にでもあるはずで、正直気味が悪い。

Baidu IMEは自覚がないまま
他のソフトと同時にインストールされていることが多い
ですから、
この機会にご自身のPCにもインストールされていないか
調べてみるのが良いかと思います。

削除される場合には、次のリンクにある手順が分かりやすいでしょう。

posted by 警太朗 at 05:47| Comment(0) | 防犯 / 防災 / リスク回避 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。