2013年12月12日

刺青警備員

我が社の求人への応募の中に、
「タトゥがありますが警備員になれますか」という質問がありました。
最近はファッションで刺青を入れる方も多いようです。
刺青の可否自体は、その警備会社の規則で決まります。

ただ現在暴力団関係者である、またはそういった過去があったり、
あるいは法に触れる行為で刑に服していたような場合には
欠格事由に相当し、定められた期間は警備員になることができません。
かつては刺青上等な『その筋』の警備会社も多かったようですが、
近年は徐々に淘汰されつつあります。

刺青の目的は様々でも威圧感の強いものですので、
警備員として働く際には服装で隠せるのが前提の会社が大半でしょう。
そのあたり、警備業界は完全にサービス業に準じる
考えていただいていいのではないかと思います。

posted by 警太朗 at 10:49| Comment(1) | 警備TIPS / オススメ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最低賃金なのに、生意気ですね。
Posted by 海野 at 2016年11月20日 03:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。