2013年10月31日

VIVA! 自衛隊!

交通誘導や雑踏警備をしていると、敬礼を送ってくださるかたがいます。
大抵はお子さんであったり、若者や酔客の洒落であったりしますが、
中には本式でガチな敬礼をいただくことも。

お話をさせていただくと、自衛隊OBというかたが多いようです。
なんでしょうね、ともに世間の評価が低く薄給でもなくてはならない仕事、
というところにお互い無意識にシンパシーを感じるのでしょうか(笑)。

警備会社には元自衛官もしばしば就職されますが、いい人が多いです。
半端な覚悟では務まらない仕事だからでしょうね。

そういった人たちを見るにつけ、阪神淡路大震災や東日本大震災での
活躍を見てもなお自衛隊をただ自衛隊であるというだけで
悪し様に言う人たちに悲しいものを感じます。
自分たちもその庇護を受けていることを忘れてないでしょうか?
直接戦火を交えてはいなくとも、確実に私たちは守られているのです。

そういった、ある意味で報われない仕事に日夜命を懸け、情熱を傾ける
自衛官の皆さんに、尊敬と感謝を覚えます。
誇りを持って、どうか頑張ってください。

posted by 警太朗 at 11:11| Comment(0) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。