2014年01月31日

読めない履歴書

ウチでは管制が事務や雑務もこなしているので
求人に応募される方の履歴書も扱ったりなんかするわけですが
……ちょっとありえないぐらいひどいのが多い。

履歴書の写真がいつ撮影したものだかわからないぐらい
色あせてるなんてのはまだいいほうで、
普段着はおろかジャージにサングラス姿で撮ってるとか、
相手に読ませようという気持ちがまったく感じられない
走り書き以下の筆記とかが異様に多い(字の上手下手じゃなく)。

これも警備が底辺と言われるゆえんか?と凹んだりなんかして、
先輩管制に「こういう人って受かる気あるんですかねぇ」と
ボヤいたところ……「ないでしょ」とズバリ。

なんでも一部の公的補助を受けるときに、
『就職活動をしたけどダメだった』という事実が必要になる場合が
あるらしく、受給目的でわざと落ちるようにする人がいるとか。

はー……知りませんでした。
まさかこんなところで不正受給の話が出てくるとは。
私たちは踏み台にされた上に意味のない仕事を増やされてると?
二重三重に腹立つわ!

もしこの手合いがみんな不正受給狙いなんだとしたら、
本当にとんでもないことになってますよ。
正直者がバカを見るようでは、みんな真面目に働く気をなくして
日本は衰えていくばかり……それは勘弁して欲しいです。

posted by 警太朗 at 18:51| Comment(0) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。