2013年07月27日

ベターな広報(後編)

イベント警備におけるベターな広報についての考察、
後編の今回は具体的な文例をご紹介します。
前編をまだご覧になっていないかたは
そちらからのほうから読み進めていただけると幸いです。

なお実際の業務に携わられている警備員諸氏には
釈迦に説法と思いますが、広報は1度のアナウンスだけでは
うまく聞き取れなかったり聞き逃したりするかたが多いため、
文言を2回以上繰り返してワンセットとなります。

《会場周辺・開演前》
「本日は○○(イベント名)にお越しいただきありがとうございます」

「このさき大変混雑しております。ゆっくりとお進みください」

「会場までの道のり混雑いたしましてご迷惑をお掛けします。
 恐縮ですが楽しみはのちほどに取っておいてくださいませ」

「最後尾はこちらです。n列になってお並びください」

「保護者の皆様は決してお子様の手を放さないでください。
 迷子になられるお父様お母様が大変多くなっております」

「開演までまだたっぷり時間がございます。
 決して慌てず、押したり走ったりしないでください」
(開演が近付いたら時間には触れない)

「みんな早く会場に着きたいかー!?(某ウルトラクイズ風に)
 でもケガしたら意味ありません。絶対に走らないでくださーい!」

「現在道路外側がすいております。そちらもご利用ください」
(カーブなどでは内側の雑踏密度が高くなりがちなため)

「会場混み合いまして申し訳ありません。
 しかしながらイベントに参加できる皆様はラッキーでございます。
 わたくしどもは家族にどこか連れていけと
 ブーブー言われながらの仕事です」

「現在機器の調整を行なっております。
 イベント開始までもう少々お待ちください」

「本日足元が大変悪くなっております。気をつけてお進みください」
(雨天などの場合)

《規制・告知》
「ただいま警察(消防)の指導により直進禁止されております。
 お急ぎのところ申し訳ありませんが、迂回をお願いします」
(不安を煽ったり物見を誘ったりしないよう、
 「事故」などの刺激的な文言は避けるのが望ましい)

「急病人救護のため、一旦進行を止めさせていただいております。
 危険ですので押したりしないでください。ご協力をお願いします」

「気分が悪くなったかた、なりそうなかたはお近くのスタッフまで、
 ご遠慮なくお申し付けください」
(遠慮で無理をする人が多いので、深刻な感じを出さずに)

「ここより先にトイレはございません。
 こちらでお手洗いを済まされてからお進みになることを、
 心より、心より、心よりおすすめいたします」

「これより先はn列になってお進みください。
 同じイベントに参加する仲間同士、割り込みなどなさいませんよう、
 仲良く楽しくお願いいたします」

「会場内撮影は禁止となっております。
 撮影はみなさまの心のカメラでお願いいたします」


「ただいま○○ちゃんとおっしゃる、××の服をお召しになった
 n歳ぐらいの坊ちゃん(お嬢ちゃん)をお預かりしております。
 お心当たりのお父様お母様はスタッフにお声掛けください」

《終演・退場時》
「本日はご来場ありがとうございました。
 無事ご帰宅されてはじめて素敵な思い出になります。
 お気をつけてお帰りください」

「お忘れ物にはくれぐれもご注意ください。
 私は駅で財布忘れに気付いて青くなったことがございます!」

「この先もうしばらく混雑が続きますが、
 どうかお子様を無事に家まで連れて帰ってあげてください。
 親御さんの愛情の見せどころでございます」

「なかなか先へお進みいただけず申し訳ありません。
 しかしながら、いまお帰りになれる皆様が羨ましい!
 わたくしどもが帰れるのはn時間後でございます!」

「○○駅方面、混雑のため、ご乗車に時間がかかっております。
 ××駅がすいておりますのでそちらもご利用ください」

「シャトルバスは現在n分遅れの運行となっております。
 ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。
 もうしばらくお待ちください」


頻繁に使われる文例はざっとこんなところでしょうか。
参考になりましたら幸いです。

posted by 警太朗 at 23:26| Comment(3) | 警備TIPS / オススメ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あまり雑踏業務をしてないですし、広報は一切やったことがないので文言とか考えたことないですね(汗)

雑踏2級も流れたし・・・
でも指導教育責任者持ってる立場としてはそうも言っていられないんだろうな〜

もっと交通以外の警備に対しても勉強していかないといけませんね。
Posted by たこまる at 2013年07月28日 10:09
土曜日の花火は予想以上の人出。
あっちこっちで人が溢れ決壊・・・。(吐血)

どんな状況下でもあせらず広報が
できれば良いのですが、まだまだ修行が
足りないようです。(泣)



Posted by かず at 2013年07月28日 22:45
自分が雑踏の講習を受けたときは資格者の大量輩出が急務と
言われていましたが、地域差が大きいのでしょうか。
雑踏も2号業務、誘導とセットで知ってて損はないと思います。

こちらでは交通1級がずいぶん長いこと実施されていません。
自分としては取っておきたいのですが、
会社にその気がないようで、2級どまりになりそうです。
まあ言うこと聞かない有資格者なんてウザいだけだよね(笑)。

かずさん、まずはお疲れさまでした。
大型イベントで規制が綻びるのは間々あることです。
眼目が果たせていればいいことなので、
怪我人等が発生しなかったなら気にされることはないでしょう。

どんなにいい広報ができていても、一旦綻びができてしまうと
集団心理も働いて、いかんともしがたくなるもの。
その前の段階で、問題行動を取っている個々人に対して、
どれだけ働きかけができるか……ですね。
Posted by 警太朗 at 2013年07月29日 04:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。