2013年03月29日

おばけ屋敷

先日のファンヒーターのスイッチが勝手に入った話を知人にしたところ、
「無線の電波でそんなことが起きるの!?」と驚かれました。
私が昔住んでいた家はすぐ近くに造成地があって、
ダンプが頻繁に出入りしていて無線も規制前だったのでしょう、
ファンヒーターなんぞは比べものにならないおばけ屋敷状態でした。

テレビに一瞬だけノイズまじりの人影が映るとか(多分そのときの番組)、
ステレオが数秒だけ大音量で鳴るとか、
置時計が誤動作を起こしたり、関係ない時間にアラームを鳴らしたり、
一番怖かったのは電話から時報が5秒ぐらい流れたときですね。
これは交換器の不調で起きたようですけど。

当時はまだ小学生とかで、強い電磁波で機械が誤動作を起こすなんて
知らなかったので、鍵っ子だった私は結構ビビリバビデブーでした。

まあそのお陰で、この仕事の夜勤で多少不可思議な現象が起こっても
大抵は「あー、電磁波電磁波」で流せるんですけどね(笑)。

posted by 警太朗 at 10:50| Comment(0) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。