2013年02月27日

非番とはなんぞ?

ドラマの警察官などが『非番』を休みの意味で使うことが多いせいか、
我が社でも休みを非番と表現する隊員がいます。
意味が通じれば突っ込みはしませんが、正確には違うものでして。
『勤務日にカウントされる実質休みの日』とでも言えばいいのかな?

たとえば10時〜翌10時の当務(24時間勤務)があったとします。
その場合は2日目も稼働日(勤務日)に勘定されるわけですが、
この勤務終了の10時から翌日(正確には一般的な日勤の
終了時刻)までのプライベートタイムが『非番』と呼ばれるものです。

夜勤においても、18時から翌6時までという現場があったとして、
当日勤務開始前18時までの時間を非番と呼ぶことがあります。

……我ながらあまりうまい説明じゃない気がするなぁ(汗)。
会社や業種によって違いがあるかもしれませんので
(警備では日勤と言ったって現場ごとに時間バラバラですし)
正確なところは皆さんの会社にお尋ねいただくとして、
「非番=単なる休日ではない」旨をご理解いただければと思います。

posted by 警太朗 at 19:19| Comment(0) | 警備TIPS / オススメ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。