2013年01月31日

パチソンの破壊力

以前『お題の作者の画風で別人のキャラを描く』という記事
ご紹介したことがありますが、今回はそれに近いものがあるかも?

パチソンというのをご存知でしょうか。
今風に格好良く言うなら『無名歌手による低予算カヴァー』ですかね。
オリジナルと異なる知名度の低い歌手でひたすら低予算に制作された、
そのぶん安く買えるという楽曲です。
歌手の実力が水物で、声質も曲とマッチしてないことが多く、
歌詞や演奏はかなり適当で間違え放題、伴奏の編成もチープで
珍妙なオリジナルアレンジが入りがちなどの特徴があります。

私が子供の頃はデパートやレコード店のワゴンセールの常連で、
パチソンばかり数曲入ったカセットテープが売られていました。
ウチのようなお金のない家はパチソンを買い与えられるのが普通で、
子供心をときめかせながらカセットをテープレコーダー
(デッキとかラジカセなんてなかった)にセット! 再生したら大失望……
という悲しい場面が幾たびも繰り返されたのであります(苦笑)。

でも大人目線で見ると、あれはあれで味があったんですよね。
今となってはオリジナルよりも聞くのが困難な存在ですが、
幸いネットにはパチソンを公開しているかたがいらっしゃいます。
というわけで、今回は玉石混交のパチソンから
特に破壊力の高い楽曲を数曲厳選してご紹介!


ボーカルのメロディは、70'sパチソンとしては原曲に忠実な部類かと。
なのに伴奏がまったく原形とどめてねぇ! おかげで勢いもまるでねぇ!
イントロなどのそこここに劇中BGMの面影が感じられるのが謎。
声もなんか巴武蔵っぽいし……どうしてこうなった!?(汗)

……どうだい、ワイルドだろぉ?(汗)
ボーカルも3番で盛大にやらかしてくれちゃいます。
でも低予算ゆえの一発録りが基本のパチソン、派手なミスも味のうち!


3番がないとかテンポ違ってるとかはパチソンの標準仕様です(笑)。
さらに演歌調のアレンジで原曲の軽快感を一掃、
「ゼロワン・ぼでえい〜」等の節回しが昭和を懐古させる笑撃の逸品!
当時でもきっとコレジャナイ感ハンパなかっただろうなー(苦笑)。


最後にグレートマジンガー詰め合わせ。1曲目はオリジナル。
2曲目(2:35〜)はTV版ファーストガンダムの池田鴻さんによるカバー。
パチソンでは出色の作品。安心して聞けます。ムダな勢いがステキ!
3曲目(5:05〜)はアレンジがフリーダムすぎ!
完全にグループサウンズと化しております。必聴!
4曲目(7:40〜)は発音が変なのか音源の劣化か……妙な味があります。
そしてトリ(10:25〜)は近年のセルフカバー。
ちょっとやりすぎ感も漂ってますが、間奏がめちゃめちゃ燃えます!

posted by 警太朗 at 02:14| Comment(0) | AV / 本 / ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。