2014年04月08日

汚れつちまつた悲しみに

警太朗は交通誘導系の業務では革手袋を使っています。
今のものがだいぶくたびれて汚れてきたので、
ちょうど年度替わりだし……と新調しました。

当然ながらまっさらの真っ白のピッカピカですよ!
革がちょっと固いけど、それが少しずつ馴染んでいくのも
仕事を頑張った証拠みたいで嬉しいものです。

ところがその使用初日、
仕事中に邪魔なゴミを拾って処分し、ふと手を見ると……
変な汁っぽいもので緑と黒に汚れきってる!

何だか分かりませんが相当に汚れたゴミだったようで……。
っるぁぁぁぁぁ!(若本規夫風に)
誰っじゃぁぁっこんなもん路上に放置したんはぁぁぁっ!!

仕事から帰るなり洗ってみましたが、どうにもならず……。
新品だったのに……。真っ白だったのに……(涙)。

posted by 警太朗 at 17:58| Comment(0) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

生かさず殺さずはお上の伝統芸

例年4月1日はエイプリルフールネタが取り沙汰されて
近頃は企業サイトなどもジョークで盛り上がりますが、
思えば今年はなんだか静かでしたね。
やっぱり消費増税の話にかき消されましたか……?

我々中小の警備業従事者は給与が上がる見込みもなく、
福祉にもありつけず、ただ消費増税のダメージを
食らうだけの層なので、

「消費税アップなんてウソですよ。4月1日だし」

と仲間内で力なく笑いあうしかないという、
なんとも寂しいエイプリルフールとなりました。
警備に限らず、同じ気分を味わったかたは多いのかな。

一旦8%に上げてまたすぐ10%とか二度手間だし、
真綿でジワジワ殺しにかかるぐらいなら
いっそ消費税100%にでもすればぁ?
そのほうが赤字も一気に減らせるでしょ?と
愚痴りたくもなる部分は確かにありますかねぇ……。

ま、「明けない夜はなし、冬は必ず春を迎える」の精神で
やっていくだけですな(笑)。

posted by 警太朗 at 19:29| Comment(2) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

飲酒王誕生!?

普段酒は飲まない警太朗ですが、これは欲しい……!

ガオガイガーはいまだに自分の好きなアニメ(『ロボットアニメ』
ではなく『アニメ』)の5本の指に入る作品なんですよねぇ。
EI-01戦とか何度見ても魂が震えるわけですが、
単なるロボットバトルものではなく、親子の物語でもあります。

特に護と天海夫妻のエピソードは幸せなシーンでも泣けてくる。
自分たちの血の繋がった子供ではないがゆえに
授かった護への愛情を露わにして憚らない天海パパとママの
胸中を察するともうね……泣くなってほうが無理。

このへん語りだすとキリがないのでここまでにして(汗)、
白糸酒造さんはこれまでにもアニメ作品(ボトムズとかまた
セレクトが渋い……)とのコラボ商品をいくつか出しているので
新興のお店かと思ったら、長く続く酒屋さんのようです。

滅多に飲まないだけにこの値段が妥当かは分かりませんが、
コレクターズアイテムとしては2000円は手頃なわけで……
GGGマーク入りの瓶てのがまた分かってらっしゃるわけで……!
棚に置いてニヤニヤするために買っちゃうかも!?(笑)

posted by 警太朗 at 05:24| Comment(0) | B級 / C級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

所詮、人間の敵は人間だよ

なんとか年度末と消費増税前の駆け込み需要を乗り切って
あとは書類関係を済ますだけとなりましたが、
真なる敵は身内にありというのを痛感した数週間でした。

いやまあドラマやアニメじゃよくあるセリフですけどね。
ここまで仕事への意欲が低い隊員が多いとは思ってなくて、
我が社のサービスの品質に今更ながら愕然としました……。
仕事の詰め込みすぎでみんな疲れがあったにせよ、
ミスや内規違反とそれに伴うクレーム多すぎ。

警備の仕事は好きですし意義があると思ってますが、
こんな警備員ばかりでは世間の警備員への
偏見になにも反論できないし、自分が警備員であることにも
胸を張れなくなってしまいそうです……。

posted by 警太朗 at 18:23| Comment(0) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

膝の高さでも命にかかわる

「数十センチの津波」などと聞くと、私たちはつい自分の身長と
比較してたいしたことがないように想像してしまいがちですが、
その脅威が分かりやすくビジュアルになっている記事がありました。


膝の高さを超えればもう生死の問題だということですね。
また流されてくるものにぶつかったり、自身が流されて叩きつけられ
亡くなるかたが多いことを忘れてはいけません。

実際に津波を見たかたは次のようなことをおっしゃるそうです。
「津波とは波ではなく、
 海全体が凄まじい勢いでスライドしてぶつかってくることだ」

posted by 警太朗 at 17:44| Comment(0) | 防犯 / 防災 / リスク回避 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。