2014年03月06日

忙しすぎィ!

毎年この時期は年度末の駆け込み工事でてんやわんや。
それが今回は消費増税前とあって件数がハンパありません。

しかもそれだけにとどまらず、たとえば商品の大量出荷に伴う
安全確保とか防犯とかいった案件まで入ってくる始末。
さらに新規商業施設のオープン警備まで……。

いつもの年度末でさえ余裕ないのに、どうやってこなせと?
上下番表(管制用の現場管理表)は既に連日ギッチギチ。
これ、今月末どうなるんだ……? 考えたくもねぇ!(涙)

posted by 警太朗 at 08:05| Comment(2) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

山賊の光と影

さてバンディット1250Fを入手以来、
ぼちぼちと乗り続けてようやく3000kmほど走れましたので、
長短おりまぜて追加インプレッションなど……。

・ ハンドルの切れ角が大きい
最小旋回半径2.8mとハンドルの切れ角が大きいので、
街乗りの低速での交差点右左折なども車体を大きく傾けずに
曲がれるのは安全面での長所でしょう。取り回しにも貢献。
バーハンドルなのでナビ等の後付けも楽です。

・ 低速トルクが大きい
3500rpmで最大トルクが発生しますので、
普段使いから性能を活かすことができます。
渋滞のストップ&ゴーの繰り返しでもエンストは無縁でしょう。
きつい上り坂の発進もあまり気を遣わずに済みます。

・ 車体がコンパクト
同クラスの他車種より車体がコンパクトにまとまっています。
ハンドル切れ角と相まって駐車場所に悩まされにくいですし、
あまり体格に恵まれていない人にも乗れると思います。

・ ポジションが楽
ライディングポジション自体は個人の好みに依存する
部分ですが、上体が立ち気味のツアラーらしい
ポジションなので、長時間の乗車でも疲れが出にくいです。
ハンドル位置が高く、取り回しで力が入れやすいのはメリット。

・ 防風性が高い
フルカウルだけあって防風性は高いです。
高速巡航もラクラク、数時間一気に走っても
風に体力を持っていかれる感じはそれほどありません。

・ 故障や不具合が少ない
購入以降、人様のブログや掲示板も拝見していますが、
故障や不具合の報告は少ないようです。
技術的には華のない車種ですが、
その『枯れた』設計が貢献していると思われます。

・ コストパフォーマンスが高い
後述するデメリットを差っ引いても、オーバーリッターで
ABS付きの車両が100万そこそこで買えるというのは
やはり特筆すべきメリットでしょう。
リッターバイクの基本を学ぶのにピッタリと言えます。

・ 比較的熱くない
大排気量バイクの宿命となる排熱。
バンディットも相応に熱を出しますが、一部の大型のように
ジーンズ1枚で乗ったらヤケドしそうということはありません。

・ セルフステアは強め
セルフステアリングは気持ち強く出やすいかな。
サスペンションの設定である程度変わるので、
好みのところを見つけるまでは戸惑うこともあるかも……。

・ サスペンションは固め
フルパニアが前提のツアラーだからでしょう、
バンディットシリーズでもサスペンションは一番固い味付け。
パニアなしで、かついわゆる攻める走りをしないなら
減衰は最弱に設定してもいいぐらいじゃないかと思います。

・ 純正キャリアがGIVI対応
純正キャリアがGIVIのモノロック仕様なので、
モノロックケースを買えばそのままがっちりと装着できます。
高速巡航可能なツアラーとしては、キャリアにベースを介する
装着よりも、シンプルかつ高剛性で安心できます。

・ ライトはやや暗い
180km/hリミッターが作動するスピードを簡単に出せる
バイクとしては、ライトは暗めかもしれません。
照明が少ない高速道路はもうちょっと明るいほうが安心かな。

・ 車重がある
250kg超えの重量は高速走行での安定性に貢献する半面、
街乗り時の歩行者・自転車の動きや路面状況、
取り回し等には気を遣わないといけない場面が多くなります。

・ クラッチが重い
よく言われる特徴です。慣れではありますが、重めですね。
渋滞に長くハマると握力弱めの人はつらくなると思います。
遠出の際には注意が必要かも。

・ 右にこかせない
構造上ラジエターが右寄りに設置されていて、
サブファンも右に内蔵されているため、立ちゴケであっても
右に倒すとダメージが大きくなりやすいのは悩みどころ。
その割に重いマフラーのせいか右に倒しやすいという(汗)。

・ セキュリティは皆無
イモビライザーやアラーム等、
セキュリティの類は標準では一切ついてません。
不人気車であることが一番のセキュリティでしょうか(笑)。
警太朗はまだイタズラとかされたことないです。

posted by 警太朗 at 17:41| Comment(0) | 趣味 / PC / バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目がちくちく

ここ数日の暖かさで花粉が本格的に飛んでいるようです。
警太朗は目がチクチク・ショボショボしてたまりませんが、
鼻にくるより厄介なのはマスクではどうにもできない点で……。

そんななか薬局で見つけたのが、
フマキラーの『アレルシャット ウイルス イオンでブロック』。
以前からある塗るマスクと同じ原理で、
イオンの力で鼻や口へのウイルスの侵入を防ぐというもの。

これだったらひょっとして目に来る花粉もはじけるのでは……?
と、目をギュッと閉じつつ顔全体にスプレー。
淡い期待を寄せつつ、しばらく試してみようと思います。

posted by 警太朗 at 05:54| Comment(0) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

デブあるある(?)

ちょっと面白かったまとめ記事をご紹介。
『意識の高いデブ名言集まとめ #意識の高いデブ』 (ハムスター速報)

デブ目線で見ても大半はネタとか
「ないわー」なんですけど、なんか説得力だけは妙にある……(笑)。

実際のところ、みんな経験があるって、便座を割るぐらいでは?
えっ? ない? ウソぉ!?

posted by 警太朗 at 19:05| Comment(0) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

移動はスリル、ショック、サスペンス

完成業務中、不慮の事態で現場に出ることに。
現場まではバイクで普通に走って約40分といったところ。
2時間ちょい前に出発できたので余裕と思っていたら……
なんだか分からないが道がめっちゃ混んでる!

いや、混んでるというよりも既に止まってます。
事故渋滞なのかなんなのか、
諦めて横道にそれた車のぶんしか先へ進んでない感じ。
その辺りでは唯一川をまたぐ高架道路上の川の手前側で
ドン詰まりに遭い、進退窮まってしまった……。

さらに困ったことには、その日は自宅から事務所に向かう
途中で燃料のエンプティランプが点灯してたんですな。

その時点で残り約3Lなんですが、それだけあれば
普通に走れたら50km以上は行けるので、
給油は現場の帰りでいいと思ったのが裏目に出ました。
川手前まで走るのに1L弱使ってるはずですから、
この超ノロノロ運転ではあと20kmが限界かもしれない……。

かと言って道幅狭めなので、すり抜けて万が一にも
接触とかしたら、それはそれで現場に間に合わなくなる……
もしかしたら詰んだんじゃないかとハラハラもんでした。

仕方なく高架道路での川越えを諦め、
一番近い出口までノロノロを我慢して地道に降り、
土地勘のない場所を別の橋とガソリンスタンドを探しつつ、
時間を気にしてウーロウロ……。
鉄道のせいでさらにあらぬ方向へ遠回りさせられたのが
こんなに恨めしかったことはない!

なんとかガソリンスタンドを見つけて満タン給油したら、
残り1L切っていたことが判明しました……ヤバかった(汗)。
ちなみに現場に着いたのは事務所発から2時間後
これまた超ギリギリ。ダブルでヤバかったです……。

posted by 警太朗 at 23:05| Comment(0) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。