2014年03月12日

防災特番に思う

今年のテレビでの3・11特番は各局とも大掛かりで、
かつ防災の啓蒙に強く注力した作りになっていたと思います。
あるいは公表されないだけで、のっぴきならない情報が
既にあるのではないかと勘繰ってしまうぐらいに……。

もちろん実際にそうであるなら原発再稼働云々の議論を
グレーな印象を拭わないままちんたらやっているわけもなし、
現状の福島第一に再度激しい揺れが来た日には
地震や津波を生き延びたところで日本は破局するでしょう。
まさに運を天という状態。

自らの手で自身をそこまで追い詰めておきながら
なお防災を説き生き延びようと考えているところに
人間の傲慢さや愚かさを感じずにいられませんが……
それでも生きられる限りは生きるしかないのも人間。
警備としても心構えはきちんとしておかなければと思います。

posted by 警太朗 at 04:40| Comment(0) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

地震発生時の警備員

東日本大震災から丸3年が経ちました。
今もなお避難生活を余儀なくされていたり、行方不明のご家族や
ご友人がいらっしゃるかたがたに、改めてお見舞い申し上げます。

現在日本では、複数の巨大地震が
そう遠くない将来に発生するだろうと警告されています。
警備員にとって地震発生時の対応は、
施設警備においては物件ごとにマニュアルが用意されている
はずなので、そちらに従っていただくとして……。

諸問題の発生が最も懸念されるのが、
雑踏警備(イベント)中に大地震が起きた場合です。
警備計画書・指示書の段階では対応が策定されていたとしても、
現場の隊員には周知徹底されていないケースが大半だからです。

万一不幸にしてそういう状況が発生したときには
本部から指示していけばいいという発想なのかもしれませんが、
混乱中の現場でそんなことがきちんと行えるとは到底思えません。
では雑踏警備中に地震に遭遇したらどうすればいいのでしょう?

(1) 車両には徐行・停車を求める
走行中の車内では地震を感じにくいので、
ドライバーには突飛な行動に映ってしまう可能性を考慮しましょう。
停車を求める際は、まず自身の安全確保に留意してください。
停車位置は各人任せにせず、道路左端など、
あとで人や車両の動線を阻害することがないように留意します。

(2) 落ち着いた広報を実施する
このような状況においては、警備員自身動が揺しているものです。
つとめて落ち着いた広報を行うようにしましょう。
ゆっくりと、大声で、断言口調で。
警備員が頼もしく見えれば、参集者も落ち着くものです。
避難を呼びかけなければならないケースでは
(津波の襲来が予見されるなどの緊急を要する場合を除いて)、
危険が差し迫ったものでないことを印象づける文言を選び、
パニックを避け、子供や女性を優先させること。
一旦パニックに陥ってしまうと収拾はきわめて困難なので、
第一声が重要になります。

(3) 無線は聞き漏らさないようにする
各種対応に気を取られて無線を聞き逃してしまうのは、
普段の業務においてもしばしば起こることです。
しかし大地震のようなケースにおいては
そこに避難等に関する重要な情報が含まれている可能性が高く、
安全や人命を左右する可能性を否定できません。
無線は極力聞き逃さないようにしましょう。
また可能であれば、警備本部やその他の交信可能な局と連絡を
取り合い、互いの状況を把握しておくことも必要でしょう。

(4) 周辺地図は必ず持っておく
レクチャー時に渡される地図の類は常に身につけておきましょう。
待機所に置きっぱなしはいけません。
また周辺地図等が用意されない業務においては、
事前にネット等で下調べしておくと非常時の安全に繋がります。
地下街のような環境では複数の脱出ルートを考えておきましょう。

(5) 警笛などの積極的活用
普段は交通誘導の一部でしか使われることのない警笛ですが、
災害発生時などの状況ではもっとも手軽かつ効果的に
周囲の注意を引くことができます。積極的に活用しましょう。
不運にも孤立したり閉じ込められたりした場合には
有効な要救助信号の発信手段にもなります。
ペンライトの類も業務によらず携帯するようにしましょう。

(6) 臨機応変と工夫
大災害を生き延びたかたに多く見られるのが臨機応変と工夫です。
パニックに呑まれるのではなく、周辺の状況を分析して
機があれば行動し、動くのが危険であるなら不安でも待ち続ける。
使えるものはすべて使って、身の安全を確保する。
これはいかに平静を保ち、強い意志を持って事態に当たるかという
ことでもあって、実践は本当に困難ですが、一番重要でもあります。

警備員にあっては、冷静さと行動力と意志こそが参集者の命を救う、
ぐらいの気持ちを持って行動したいものです。

posted by 警太朗 at 05:05| Comment(0) | 警備TIPS / オススメ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

まっピンク

いい歳こいて毎年ライダーやスーパー戦隊の
新シリーズが始まるとチェックしてしまう警太朗ですが、
烈車戦隊トッキュウジャー』が気になってます。

ええ、気になって仕方がない。どうしようもなく気になる。
男性メンバーのまっピンクのリップが!(大汗)

ドラマですから、男性陣だってメイクはするでしょう。
リップだって塗るでしょう。
でもなんだってあんなどピンクにするんだ!?

コミカルな内容と裏腹に、メンバーは既に死んでるも
同然とかいう物騒な設定のようなので、
死化粧の暗示なのかなとも考えましたが……うーん。
4話終わってもまだ同じメイクですから、
実験的な試みというわけでもないのでしょう。

いかにいまどきの中性的な顔立ちのイケメンたちでも、
あそこまでいくとどうかと感じてしまう私は、
所詮昭和の化石オヤジなのでありましょうか……(汗)。

posted by 警太朗 at 18:01| Comment(0) | AV / 本 / ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

制服返さず辞めたらば

ちょっと前に会社を辞めた人から個人的に連絡がありました。
「実はまだ制服返してないんです……」
とりあえず宅配便でいいので一式を送り返すようにアドバイス。

「このまま返さなかったらどうなるんですか?」
いや、そこは返そうよ。てか返さないつもりなの?(汗)
社名入りワッペンついてるし持ってたってしょうがないでしょう?
私もそのあたり詳しくはないのですが、
辞めたあとも着たとしたら身分詐称にはなるかもしれません。

返却しないことで横領等に問われるかは微妙かなぁ。
貸与時に保証金を取っている警備会社は多いでしょうが、
警備服は会社に管理の義務がありまして、
紛失等が露見すると警察か公安の指導が入ったはずなので、
返さなければ会社から追及されることは免れないでしょう。

方法はなんでも、とにかくさっさと返してしまうのが得策です。
汚したまま返す人も多いので、ウチの会社の場合は
自宅でざっと洗濯だけして返却してもらい、
最後の給料からクリーニング代を引くという形になってます。

posted by 警太朗 at 20:13| Comment(0) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

大学イモの罠

思いもよらぬ食べ物が高カロリーということは間々ありますが……。
スーパーの惣菜売り場で大学イモを見つけたんです。
小さめの短冊切りにしたのが6〜7本入ってまして。
スティックポテトかなんかシャレオツな名前になってましたけど。

あー、大学イモなんて長らく食べてないなー。
久しぶりに食べてみようかな?なんて思いつつパックを手に取ると、
350kcalの表示が見えたんですよ。

え? たったこれだけの分量で?
そりゃ水飴とか使ってるけどさ、さすがに350kcalはないでしょ。
100gあたりだよね? うん、やっぱそうじゃん。
で、このパックの内容量は?と見ると……『98g』。マジで!?

そしてスチックパテェィトゥはそっと棚に戻されましたとさ。
いや、びっくりしましたね。こんなにカロリー高いとは思わなかった。
大学イモ、恐ろしい子……!

posted by 警太朗 at 18:36| Comment(0) | B級 / C級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。