2014年02月23日

軸足

下り階段に足を踏み出したとき、踏み出した足と逆のほう、
上段に残っているほうの足が軸足なんだそうです。

警太朗がとある駐車場の警備をメインにやっていた頃、
ふと片脚だけが太くなっているのに気付きました。
勤務中はずっと立ちっぱの現場で、
無意識のうちに軸足にばかり体重をかけてた結果でした。

以来、負担はなるべく同じぐらいにしたほうがいいだろうと、
逆の足に意識的に体重を預けるようにしました。
その現場を離れる頃には、
そっちに体重をかける癖ができちゃってました。

さて人間、軸足一本だけで立ったときと
反対の片脚で立ったときには、安定に差が出るそうです。
軸足だとわりとビシッと立てて、逆だとふらつきがちだとか。

ところが警太朗はこの駐車場での癖がたたってか、
どちらの足でもビシッとならずに微妙にふらつきます(笑)。
階段を降りるときは軸足の逆からなんですがねぇ……。

posted by 警太朗 at 21:30| Comment(0) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

隼の略称

スズキが隼の国内版を発売するという報道があったとき、
バイクに詳しい人間が少ないウチの社内でも
最速バイクのひとつとしてその名が知られていたので
ちょっと意外に思ったのですが……。

その隼、『ブサ』なんて略称で呼ばれることがあります。
国内でネットをやってる人の間での略語と思っていたら、
とある海外のバイク用品通販サイトを見ていたところ、
思いっきり『GSX-1300R Busa』の表記が
あるではあーりませんか。

まさか海外でもブサ呼ばわりされていようとは……(笑)。

posted by 警太朗 at 23:04| Comment(0) | 趣味 / PC / バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

ブランニュー波平

いまさらですが、茶風林氏による波平さんがGood!です。
永井一郎氏とは違うのだけど、これもまた波平さん、みたいな。
とはいえそこここに永井氏の雰囲気が見え隠れするあたり、
きっと茶風林氏もイメージを崩さないように意識なさっているのでしょう。
個人的にはもう少し若い感じに振ってもいいかな(設定年齢的にも)。

私が茶風林氏の存在を初めて知ったのは、
確かアニメ版『エスパー魔美』の端役でだったと思います。
と言ってもまだ声を個別認識していなくて、たまたま見た
エンディングクレジットで「変わった名前だなぁ。なんて読むんだろう」と。
今回のバトンタッチでよく知られるところになったようですが、
喜劇王チャップリンから取っているそうです。

茶風林氏が波平役の第一報を聞いたときには、
私もやはりおおむねのかたと同じように目暮警部が頭に浮かんで、
同じにならなければいいなと思うと同時に、
これはまさに適役なのではないかとも感じました。
むかし何かの本で、有名声優さんが声優を目指す人に一言みたいな
記事があって、そのときの氏の言葉がとても印象的だったからです。

それは「正しい日本語の伝道師になってください」というものでした。
まさに日本のお父さんを象徴する役に求められる要素のひとつでしょう。
伝統的な日本のお父さんの新たな誕生に期待しています。

posted by 警太朗 at 16:08| Comment(0) | AV / 本 / ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

仲裁はできませんが

警備員は業務中、稀に仲裁を依頼されることがあります。
それは施設利用者同士のトラブルであったり、
交通誘導中に遭遇した事故関係であったりしますが、
私達が仲裁させていただくことは原則ありません。

というか、できない決まりなのです。
私達に裁定的なことをする権限はありませんので、
あくまで当事者間の話し合いで解決していただきます。

無論、取っ組み合いの喧嘩ともなれば止めに入ります。
施設内であれば当事者だけの場所を提供して、
話し合いに立ち会う程度のことはさせていただきます。
でもそれらはあくまで保安のため、情報収集のため、
他の利用者に迷惑をかけないためというスタンスです。

過去、某施設で小さな子供を連れた母親が、近くにいた
別のお客様を捕まえてくれと騒いだことがありました。

いわく、自分の子供がそのお客様に蹴られたと。

両者や周囲から詳しい状況を集めると、
子供がひとりでお客様の間を縫って駆け回っていて、
当該のお客様を後方から追い越そうとした
(道交法的な意味で。追い抜きではなく)ときに
歩いていた足が当たった、というものでした。

普通に考えて、子供と母親が手をつないでいれば
避けられた保護責任の不足による事案なのですが、
それを言うことは許されないのが警備員としての私達。

こういうときには声の大きなほうが勝ちがちでして、
結局足をぶつけたほうのお客様の側の
不注意ということにされ、謝罪させられてしまいました。
子供が怪我したわけでもないんですが。

「子供なんだから走り回るのは当たり前で、
それに注意していない大人のほうが悪い」
とかなんとか、まあ屁理屈のオンパレードでした。
だったら保護者の責任はどこにあるの?と。
はたで見ていて胸糞悪いことこの上なし。
謝罪させられたお客様には心中本当に申し訳なく……。

ただですね、施設とてバカではございません。
このケースで言うと、要注意リストに載るのは
謝罪したお客様ではなく、子連れの母親のほうです。
(流れ上、住所氏名を控えてますのでガチなリストです)

このときは悩んだ末、謝罪させられたお客様に
あとでコッソリとそのお話をさせていただきました。
少しぐらいは溜飲を下げていただけたのでしょうか……?

posted by 警太朗 at 11:55| Comment(0) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

タチ悪いです

すっかり更新ご無沙汰してしまいました(汗)。
今回の風邪はたちが悪いです……なまじ悪くなりきらないところが。

高熱が出るとか寝込まなきゃいけないところまでいかずに、
ずっとグズグズ微熱と倦怠感と身体の痛みと咳が続くっていう。
仕事を休むほど悪くならないから休まずにいると治らないっていう
(私の場合は休みたいのに休めなかったんですが)。
でも仕事中はもうヘロヘロだし帰ったらなにもする気力ないっていう。

あんまり症状が続くので仕方なく病院に行きまして、
インフルエンザじゃないということで抗生剤の処方を受けました。
一般的な風邪は3〜4日もすれば抜けるもので、
それ以上続く場合は軽い肺炎を起こしているケースが多いそうです。

確かに抗生剤を飲んだら一気に落ち着いてきました。
こんな軽めの症状で肺炎までいくとか、やっぱタチ悪い(汗)。
似た症状でお困りのかたは受診をおすすめします。

抗生剤を処方された場合は、全量をきっちり飲み切ってくださいね。
症状がおさまったからと飲むのをやめてしまうと
耐性菌ができてしまって困ったことになりかねませんので……。

posted by 警太朗 at 17:24| Comment(0) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。