2013年09月14日

バイクの足つきって

いつも疑問に思うんですが……
バイクの足つきって、なんで身長で語られるんでしょうね?

肝心なのは、当然に股下の長さであるはずです。
それに体重でサスペンションの沈みかたが変わるので、
同身長・同股下なら太っているほうが足つき良くなりますし、
骨盤の広さでも足つきは変わります。
(同じ股下なら女性のほうが足つき良いことが多い)

な〜の〜に!
足つきが語られるときに書かれているのは大抵身長だけ!

先に股下書け! 体重書け! 性別書け!
でねーと足つきがどうとか書かれても役に立たねぇんだよ!
とバイク選び中に何度もヒステリーを起こしそうになった
ド短足の警太朗でありましたとさ(涙)。

posted by 警太朗 at 21:13| Comment(0) | 趣味 / PC / バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

太かったのね

ワタクシ、デヴなのに腕が貧弱なのが長らくコンプレックスでした。
一時期は本気で太くしたくて、ダンベル買ったりもしたぐらいです。

が、結構頑張ってみたのに、ち〜とも太くなりませんでした。
そういう体質なのかなんなのか、誘導棒を振り回さないといけない
現場に出るほうが効果的だったときには笑いましたね(涙)。

で、近年はもう諦めの境地に至ってありのままでいたわけですが、
友達に付き合ってバイク用品の店まで行ったときのこと。

彼はプロテクターを買いに行ったのですが、
警太朗も近いうちに買いたいなあと試着(試装着?)したところ……
エルボーガードのベルトが鬱血しそうなレベルできっつい(汗)。

そうかぁ……腕も細いってわけではなかったんだ。
身体がデブすぎて脚も太いから腕が貧弱に見えたんだな(苦笑)。
ふくらはぎなんかブーツ選びに超苦労するぐらい太いので、
この太さを少しばかり腕にまわせたら良かったのに。

ハイ、その友達に面と向かって「おまえ身体のバランス変だもんな」
と言われましたさ……知ってるわいっ!(涙)

posted by 警太朗 at 19:19| Comment(0) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

超踊る警備員

以前どこかで、ナガシマスパーランドの警備諸氏が
エンタメ性にあふれてるという話を耳にしたことがありました。

ブルーメの丘の警備員氏みたいな感じなのかなーと思いつつ、
遠方ゆえ見に行く機会に恵まれず忘れていたのですが……
こんなの見ちゃったらご紹介しないわけにいきますまい!

『想像以上にEXILE!世界18位のナガシマスパーランドを
 陰で支える警備員が大人気』 (NAVERまとめ)



思ってたよりずっとエンタメでした(笑)。
ひとりふたりが個人サービス的にやるのではなく、
隊全員でこれをするというのは、色んな面ですごいと思います。

本来の業務に支障がないのか気になるところではありますが、
この路線は是非とも続けていっていただきたいっ!

そしてブルーメの丘の警備員氏といえばその後の動画
アップロードされていたりしましたが、
今年5月の日付になっているこの警備員氏ってもしかして……?



少しだけ聞こえる声もそれっぽいし……え? 那須高原?
ブルーメは滋賀だったと思いますが、那須って……栃木!?(汗)

posted by 警太朗 at 06:44| Comment(5) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

東京五輪への不安と期待

2020年東京オリンピック開催決定は、本当にめでたいことです。
その一方で、諸事情はあったにせよ、
もっと震災復興や地方経済の活性化に貢献できる地域での
開催とはいかなかったのかなという気持ちもあります。

このオリンピックで、もし元々ダントツの黒字自治体である東京や
利権がらみの連中だけが潤うのだとしたら、日本全体として
見たときには完全に行き詰まる気がしてなりません。
その辺まで見据えた、適正な舵取りをしてもらえることを願います。

それ以外でも開催準備中の首都直下地震への不安だとか、
世界の福島に向ける目が一層厳しくなるだろうというのもあります。
今に至ってなお妨害工作を目論んでいる国もあるようで、
足をすくわれなければいいのですが……。

自分の仕事の部分での心配を言えば、
オリンピックに向けた各種整備が本格化するほど、
ウチの隊員からも出稼ぎに行く連中が出てきそうです。
スカイツリー開業前後も多くの警備員が東京に動員されましたが、
今回はその比ではないはず(汗)。どうするんだこれ。

折角のめでたい話を手放しで喜べないのはつらいところですが、
長らく不景気にあえいできた日本が一気に上向く
起死回生のチャンスには違いありません。

世界の国々から東京にオリンピックをさせた甲斐があったと
思ってもらえるよう、東京オリンピックとそれまでの7年間が
慎重かつ大胆に起爆剤として活用され、
日本が世界に良い影響を与えられるようになることを祈ります。

posted by 警太朗 at 05:05| Comment(0) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

スクーター男の脅威

このところ危険予測の練習になるのではないかと、
YouTubeなどでドライブレコーダーの事故動画を見たりします。

これから事故が起きると分かっているのに
まったく展開が読めないケースや、
完全な死角で事故が生じるケースの多さに驚くばかりですが、
中には「なんじゃこりゃ」と呆れざるを得ないものもありまして……。


この動画の06:05〜をご覧ください。(時間指定のリンクはこちら
画面中央上部で既に事故を起こしている状態で始まる
黒スクーター乗りの白衣の男に注目。

いや、こいつはひどい。マジでひどい。ひどすぎて笑えてくる(汗)。
もちろん巻き込まれたほうはたまったもんじゃありませんが、
白衣の男の肉体的・精神的タフさにもある意味驚嘆します。
途中で一旦画面左にフレームアウトするこの男、
きっちりオチをつけてくれますので06:49頃までご覧ください!

タイムレコードの表示から察するに中国のようですが、
おかしな薬でもやってるんじゃないかと疑いたくなるレベルです。
このケースに関しては、事故そのものよりも人のほうが怖い……。

posted by 警太朗 at 16:20| Comment(0) | AV / 本 / ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。