2013年07月13日

行き届きすぎ!?

前回が何年前だったか思い出せないぐらい久々に、
病院で筋肉注射を受けました。

筋肉注射をすると聞いたときは一瞬ビビりましたが
(私の中では『筋肉注射=痛い』だったので)、
看護師さんの技術の賜物か注射針の進歩か、
痛みはほとんどありませんでした。

ちなみに高血糖の友達が使っている
インスリン用の針は本ッ当〜に細くて、
痛みがまったくと言っていいぐらいないそうです。

で、絆創膏を貼って終了。
気さくで感じのいい看護師さんでしたし、
絆創膏も端を折って剥がしやすくしてあって、
行き届いた病院だなぁと感心したのです。

そして数時間後、その絆創膏を剥がしたところ……。
ガーゼとはまったくあさってな粘着部に
出血のあとが残ってました(笑)。

まさか帰宅後に見事なオチまでつけてくれるとは!
ハイレベルな病院の片鱗を見せてもらったぜ(笑)。

posted by 警太朗 at 17:19| Comment(2) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

真夏こそ長袖

よく通る建築現場の警備員さんが、半袖を着てるんです。
最初は袖をまくってるのかと思ったのですが、よく見れば半袖。
本当に暑いのはわかりますけど……会社的にOKなのか?(汗)

交通誘導(工事系)の現場では真夏でも半袖はNGです。
というか、警備で半袖を着るのは限られた施設の現場だけ。
他はすべて一年を通して長袖です。
袖をまくるのも本来は禁止している警備会社が多いはず。

一番の理由は受傷防止です。
ペラペラの制服の生地程度で受傷防止もないだろうという
むきはありましょうが、長袖を着ていたって小傷はできるもの。
半袖だとなおさらです。

そしてもうひとつが(これも受傷防止と言えるかもですが)、
日焼けと熱中症の防止です。
過度の日焼けはヤケドと同じですから。
熱中症も直射日光が当たる環境(つまり大半の交通誘導)では
半袖のほうが起こりやすくなります。

合わせて、警備服は汗を蒸散しやすい生地が使われています。
見た目には暑苦しくても、肌がずっと汗で濡れたままに
なっているより体温を下げる効果があります。
長袖の制服は暑気からも身を守ってくれているのです。

posted by 警太朗 at 16:58| Comment(0) | 警備TIPS / オススメ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

怪物に萌える

コミック『暗殺教室』5巻(松井優征・集英社)を購入。
衝撃的すぎた作品序盤の揺り返しか、
連載で読んでいる知人の評価はやや右肩下がりのようですが、
単行本派の私は相変わらず楽しめています。

思うに、学園モノとして読むと不満が出るのかもしれません。
旧来の学園モノもたいがい有り得ないファンタジーが
大半でしたが、輪をかけて普通の話じゃないですから(笑)。

これは殺せんせーはじめ、ビッチ先生や律、烏間など、
多彩なキャラクターに萌える作品なのではないかと思います。
警太朗は殺せんせーになら抱かれてもいい!
なんか肩こりとかマッハでほぐしてくれそうだし!(そっちかよ)

ただ山盛りにされた有り得ない設定と展開の中に、
ときおり普遍的な核心を突くようなドキッとする部分が存在して、
それが心地よかったりするのです。

今巻で言うと、『良い教師こそ迷うもの。自問自答しながらも、
生徒の指導にあたっては毅然としていなければならない。
迷いながら教えたことに生徒が答え見つけてくれること
教師の喜びといった趣旨の殺せんせーの発言には、
なるほどと思わされました。

実際に教壇に立たれているかたから見れば
それは違うという部分もあるかもしれませんが、
これって多くの仕事について言えることではないかと思います。

警備もしかりで、規則という杓子定規を守らねばならない一方、
人間性を完全に削ぎ落とすなら人がやる意味はありません
(一部、本当に例外的な業務もありますが)。
そういったジレンマの中で迷いながら、考えながらした仕事が
いい結果を導いたなら、それは素敵なことですよね。

posted by 警太朗 at 02:42| Comment(2) | AV / 本 / ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

人形のススメ

梅雨明けの地方も増えて、
いよいよ夏のイベントシーズン突入であります。
他にも一部施設などの迷子が多くみられる現場では、
警備員が持っておくと役に立つものがあります。
それは……マスコット人形

仮面ライダーでも戦隊ヒーローでもポケモンでも、
ハローキティでもプリキュアでも構いません。
男の子むけと女の子むけの、
持ち運びに邪魔にならないサイズのものをひとつずつ。
食玩の100円ソフビ人形とかオススメです。

迷子はえてしてテンパっているものなので、
お父さんお母さんなどの情報を聞き出そうとしても
なかなかうまくいきません。
制服警備員というだけで引かれてしまう場合もあります。

そこで人形をプレゼントして直接気を引くもよし、
キャラクターが喋っている風を装って話しかけるもよし。
少なくとも気を紛らわせてあげることはできます。

なおよく言われることですが、子供と話をするときには
笑顔で、しゃがんで目線の高さを合わせてあげましょう。

矢継ぎ早に質問しても子供は情報や気持ちをうまく
整理できないので、ひとつずつ順番にゆっくりと質問、
子供のほうから言葉が出てくるまで待ってあげましょう。

子供が比較的しっかりしているようなら、
こちらが答えの選択肢を用意して選ばせるような形は
避けたほうがいいでしょう。
質問全部にウンと答えてしまう子供もいますので、
事実と異なる情報が返ってきてしまうケースがあります。

posted by 警太朗 at 19:16| Comment(2) | 警備TIPS / オススメ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

プロフェッショナルの死

あまりにも短くあっさりした記事に、驚きを禁じ得ませんでした。

『吉田昌郎元所長が死去
 =福島第1原発事故で現場指揮』 (時事ドットコム)

人の命が等しく尊いなら、その最期の重みにも差はないのでしょう。
しかしながら、このような扱いで済ませて良いかたなのでしょうか?
日本を救われた、紛うことなきプロフェッショナルのおひとりですよ。

今わたしたちが安穏と暮らしていられるのは、震災からこちら、
己の安全を顧みることなく身を粉にして尽力してくださった、
吉田氏をはじめとする皆さんのおかげです。

長らく心休まる時間などお持ちになれなかったことでしょう。
本当に、本当に、お疲れさまでした……安らかにお眠りください。

posted by 警太朗 at 18:12| Comment(0) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。