2013年05月26日

QGマークの意味

警備には業務検定(一応国家資格)がありまして、
その資格保持者が装着を許されるバッジがあります。

正式には『警備業務検定合格者標章』だったかと思いますが、
アルファベットのQとGをV字型に組み合わせたデザインから
『QGバッジ』と呼ばることが多いようです。

これは『Qualified Guard』の略で、『資格を得た警備員』、
『適格(適任)な警備員』ぐらいの意味になります。
V字型になってるのはデザイン的な演出でしょうね。

ちなみにバッジは欲しければ自費で購入しないといけません。
(なんと合格者であることを正式に証明できるのは
ペラッペラのコピー紙をラミネートしたショッボい合格証だけ)
私も記念品として購入しましたが(ぉぃ)、つけた経験はなし。

まだそれ相応の仕事をできる実力がないというのもありますが、
制服に穴をあけるのが怖いというのが一番の理由かも(笑)。

posted by 警太朗 at 21:19| Comment(0) | 警備TIPS / オススメ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

硬貨のワケ

先日書いた鍵束入れの中身について、
最後まで書こうかどうか悩んだポイントがひとつあるのですが、
やっぱり書いちゃおうと思います。

先の記事では非常用の現金を500円硬貨で持つとしていますが、
これには実はもうひとつ理由があるのです。
『それが人に渡しやすいから』

施設やイベント系の現場では、お金を紛失したり、
帰宅するのにお金が足りないというかたが間々いらっしゃいます。
具体的にいくら足りないと額がはっきりしていれば
ちょうどをご用意することができますが、
そうでないケースでは500円硬貨が一番渡しやすいんですね。
いきなり紙幣もちょっとアレですから。

これを一旦は書かないことにしたのは、
こういう貸し借りがほぼ100%の現場で本来NGな行為だから。
やってはいけないこと、バレるとクライアントに叱られるからです。
ですがいかに警備員には杓子定規が求められると言っても、
困っている人を見捨てておけない場面というのはあるわけで……。

なので実際にはお貸しするのではなく、あげてしまいます。
それが施設等の正規のサービスではなく、警備員としてでもない
私人としての行為であること、施設には一切関係がないことを
充分に念を押したうえで、御礼等は一切不要としてお渡しします。
(絶対に他の人からは見えない場所でネ)

警備員の待遇でそこまでやる必要があるのか?と聞かれたら
もちろんまったくない!わけですが(苦笑)、
お金を落とした等のご相談を受けやすいのが警備員。
なんとかして差し上げたらやはり喜んでいただけますし、
こちらのやり甲斐にも繋がります。
私にとってはモチベーション維持のためのサービスです(笑)。

posted by 警太朗 at 18:47| Comment(2) | 警備TIPS / オススメ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

金貸しではござんせん

しばしばブラックな業界と言われる警備業ですが、
そこで働いてる隊員もブラックな人が間々いるもので……。
が、現場で客や通行人に絡まれることはよくあっても、
よもやお金の話で隊員から絡まれることになろうとは思いませんでした。

そもそも『前払い』なんてのは、ウチの会社では便宜上の表現でして。
上司が厚意でやってることで、ポケットマネーから個人的に出してるだけ、
あくまで個人間の貸し借りなのです。

それを知ってるだろうに、いきなりン万円も借りたいとか言ってきて、
上司出張中だから応じられないと答えたら逆切れする隊員って一体……。

「じゃあ警太朗さんでいいから貸してよ」って、どんだけ廃人だよ!(涙)
仕事のときは無駄金使わないように最低限しか持って出てねぇよ!

「もう生活できない。死ねって言うのか!」
……いやあなた俺と同じ独身で、毎月俺より何万も多く稼いでるじゃん。
それで足りないとか、逆に金の使いかたを問い詰めたいわ!

しかしなにが面倒って、こういうのがこの隊員ひとりだけじゃないってところ。
なんでこんなに金にルーズな警備員が多いんだろうなぁ。
薄給なんだからギャンブルとか課金ネットゲーとか我慢しなよ……。
自分のことじゃなくても、借金がらみの話は憂鬱です(溜息)。

posted by 警太朗 at 18:49| Comment(2) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

目にきます

昔から夜型だったせいか、今でも単発の夜勤程度なら
眠くてしょうがなくなることは滅多にないんですが……。

しかし身体は正直なようです。
最近は夜勤や当務をするとハンパなく目がショボショボ、
パサパサするようになってまいりました(汗)。

ドライアイ気味なのも関係してるはずですが、
そのわりに目やにも多いから、やっぱ疲れ目か……?

もともと目にくるタイプの花粉症だったり、
日勤でも強い日光に目をやられたりしがちだったので
目薬は以前から持ち歩いてまして、
それをさしまくることで誤魔化しております。

あー、やだやだ。
周囲の大人が「歳は取りたくないねぇ」とこぼすのを
これまではなんとなく他人事に聞いていましたが、
いよいよ身につまされるようになってまいりました(涙)。

posted by 警太朗 at 04:08| Comment(0) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

ポーチの中身

警備ではいわゆるベルトポーチを『鍵束入れ』と言います。
夏服では小物をポケットに(主に見栄えのため)入れにくくなるので、
あれこれと持ち歩く私は大きめの私物ポーチを使っています。
以下は私が持ち歩いているもののリスト。

・LEDライト
・メモ / ペン(印鑑付き)
・ランヤード(鍵束を帯革などと結着するための吊り紐)
頭痛薬 / 下痢止め(水なしで飲めるタイプ+本命)
・ポケットティッシュ
・ビニール袋 2枚
・非常用500円硬貨 2枚
・周辺地図 / 館内図等
・制帽カバー(ビニール製の雨よけ、屋外業務時のみ)

ライトとメモ、ペンは警備員なら必須ですね。
書類に印鑑を押すことも多いので、私はシャチハタ付き。
最近は汎用外部バッテリーの出力ポートに発光ユニットを装着する
ライトがあって、これなら携帯の充電にも使えますし、
光源としては十時間単位で使えて便利です。

薬の類はあくまで自分専用。
アレルギーや思いがけない原因の場合がありますので、
決して来場者等には(たとえ厚意であっても)渡してはいけません。
下痢止めは急場しのぎ用の水なしで飲めるタイプと
本格的な粉末タイプの二段構えで。
下痢は出しちゃうのが一番でも、勤務中には無理ですから(汗)。

地図類はA5程度に縮刷したものを用意しておきます。
周辺地図以外に、商業系の施設なら館内図もあると役に立ちます
合羽は持ち歩けなくても、制帽カバーがあれば
にわか雨程度はやり過ごせます。

ポケットティッシュはなんだかんだで結構使います。
ちょっとした汚れ程度は清掃さんを呼ぶより早いので……。
ビニール袋はものを入れておく以外にも、
汚物を扱ったり怪我人に手当てする際の手袋がわりにできます。
非常用現金を硬貨にしているのは、
万が一ポーチが浸水しても影響ないようにですね(笑)。

posted by 警太朗 at 17:21| Comment(0) | 警備TIPS / オススメ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。