2013年03月16日

ワイルドすぎっ

友達がロッテリアのエビバーガーを差し入れてくれました。
と言ってもただのエビバーガーではなく……
その名も『はみだしエビバーガー』!(詳細はこちら

名前を聞いて、あー、いわゆるボリュームメニュー系ね、と。
普通のならバンズにおとなしく収まってるエビカツが、
ひとまわり大きくなってるんだろうねと思ったわけです。
ところがバーガーの包みを手にとった時点でまずビックリ。
なんなんだこのズッシリした重さは……。

そして包みを開いて爆笑。
確かにめちゃくちゃはみ出してる!
真円に一回り大きいのかと思ってたのは違いました。
楕円の子供用のサンダルぐらいのサイズがあるエビカツ(笑)。

味は普通にエビバーガーなわけですが、圧倒的なボリュームです。
バーガー類には目がない警太朗でも1個でかなりの満腹感。
女性ならサイドメニューには手を出せないでしょうね。

チャレンジしておくといい話のタネになりますよ。ほんとインパクト大。
大いなる出オチ、と言えなくもないですけどね……(笑)。

posted by 警太朗 at 04:07| Comment(0) | B級 / C級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

イエスタデイ・ノーモア

ふぅん、昨日ってホワイトデーだったんだ?
全然気付かなかったよぉ。
お返ししなきゃいけない相手とかいなかったからさぁ。

なまじ義理チョコとか貰っちゃった人は面倒だよねぇ〜。
今でもアレなの? 3倍返しってやつ?
あー、そりゃあ大変だぁ。
俺は無駄金使わずに済んじゃったな。フフン☆



……む、むなしい……(涙)。

posted by 警太朗 at 18:52| Comment(2) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

社会復帰の足がかりとしての警備

警備職は年中募集がかけられているうえに採用率が高いためか、
社会復帰の足がかりとして選ばれることが多いようです。
が、社会復帰のためなら警備はあまりオススメできません

たとえばそれまで病気療養をされていた場合、
暑さ寒さが直撃する環境で立ちっぱなし歩きっぱなしになる上に
当務や夜勤があり、人間関係も狭くなりがちな警備は
体力・精神の両面でストレスを感じる仕事になると思われます。

現場によってピンキリではありますが、
世間で思われているほど警備はサボれる仕事ではありません。
手を抜けば色々とリスクに晒され、責任を問われる仕事です。
また事情を汲むべき理由があったとしても、
現場を選んでいるとどうしても仕事は回ってきにくくなります。

精神衛生含む健康面に不安のあるかたが警備で社会復帰を
果たすのは、できないとは言わないまでも(実際にそういうかたは
いらっしゃいます)相当な努力が必要になるでしょう。

そしてここからが今回のキモですが……。
たとえば行き過ぎた趣味や病気の治療、扶養家族の多さなど、
生活にお金を多く必要とする部分をお持ちのかたは、一旦警備に
就いてしまうと足がかりのつもりが抜け出せなくなってしまうのです。
薄給ゆえに自転車操業に陥ってしまうんですね。
警備だけでギチギチで、他の仕事を探すどころじゃなくなっちゃう。

いずれ他の職にステップアップするつもりで警備をされるなら、
あくまで副業や小遣い稼ぎにとどめるべきです。

他に職を選べない事情があるとか、
警備という職業そのものに魅力を感じて志望する人でなければ、
一時しのぎのためでも警備を本業にすることには賛成しかねます。
警備が好きな人間として、これを言うのはつらいんですけどね(涙)。

posted by 警太朗 at 03:49| Comment(3) | 警備TIPS / オススメ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

ドッペルゲンガーは実在する

またもや「死にそうな顔してる」と言われちゃいました……。
こりゃ本格的に覚悟しておかないといけないのだろうか(涙)。

というわけで(?)『ドッペルゲンガーを見ると死ぬ』という伝説、
あれはある意味で本当らしいという話。

ドッペルゲンガー(もうひとりの自分)を見るというのは、
脳腫瘍などで脳の機能に障害が起きているとき、
第三者視点で自分を幻視してしまう症状と同じなんだそうです。

かつてはそういった脳障害から亡くなるかたが多かったから
ドッペルゲンガーの伝説が生まれたのでしょうね。
まるっきりの伝説じゃなかったのはむしろ怖いですが……(汗)。

posted by 警太朗 at 21:49| Comment(2) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

安全靴のタブー

私たちのつま先を守ってくれる安全靴。
ですが、先芯入りゆえのタブーというのがございまして。

カカトを踏んでスリッパみたいに履いちゃダメですぞ!

短距離だけ移動するときなどにやってしまいがちですが、
その状態でつまずいたりすると
先芯の段差に爪を引っ掛けて剥がすことがあります。

生爪を剥がすのは拷問の手段に使われるぐらいですから、
そりゃあもう悲惨なものです。
こうして想像するだけで、キ○タマがきゅ〜っと……(ぉぃ)。
いやはやホント、お気をつけくださいませ。

posted by 警太朗 at 16:18| Comment(2) | 警備TIPS / オススメ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。