2013年03月26日

メイドな彼女

警備員というのは独り者が非常に多い職業です。
独身はもちろんのこと、彼女もいない隊員がほとんど。
世間のイメージの悪さ、収入の低さ、生活の不規則さなどを考えれば、
やむを得ないところではあります。

ゆえにたとえ彼女がいる隊員に対しても、
「結婚しないの?」などとは聞かないのが不文律にしてマナーでして。

さて我が社には、自他共に認めるイケメンのA隊員がおります。
警備は副業で、本業はまずまずうまくいっており、歳もアラサーという、
ある意味彼女がいて当たり前といえる境遇。

なのにメイド喫茶にご執心で、彼女はいないと言います。
なんでも警備で得た収入は全部そっちにつぎこんでるんだとか。

私にすれば、普通に彼女を作ってメイド服を着てもらえば
いい話なのではと感じていたのですが、別の隊員が同じ疑問を
A隊員不在の事務所でポロッと口にしてしまったときのこと。
Aさんの友人のB隊員が、ヤレヤレという感じで首を横に振りました。

「あれだけのイケメンで、彼女も作らずメイド喫茶にドップリですよ?
 分かるでしょう? 普通の女の子じゃAの相手は務まらんのです……」

普段からA隊員とは仲の良いBさんにして、この口ぶり。
なにか見てはいけない暗闇を見た気分になってしまったり……(汗)。

posted by 警太朗 at 19:45| Comment(2) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

最適な裾上げ

我が社では新品スラックスを貸与する際には、
隊員各自で裾上げ加工をしていただいてます。
個々人で使いやすい長さにしていただいていいのですが、
意外と「どのぐらいの長さにしたらいいんですか?」と聞かれます。

無難なのは手持ちのスラックスと同じにしていただくことですが、
業務というか常用する靴によって最適な長さは多少異なります。
ちょっとしたコツとして、ここに書きますと……。

施設業務なら、ビジネスでお使いのスラックスと同じ。雑踏もかな。
これは見栄えが優先されるためです。
履く靴も基本黒革靴ですから、まんまビジネススタイルですね。

交通誘導メインでなおかつ短靴を履かれる場合や、
あるいは編上靴や半長靴(ブーツ)を穿くとしても裾を出すときは、
まっすぐ立って足首が露出しない程度に短め。
足首を保護しつつ、自分で裾を踏んづけないようにですね。

編上靴や半長靴で、裾を靴の中に入れるなら裾は長めです。
仕事中に裾が抜けないよう、屈伸した状態で足首までの長さ。
いっそ切らなくていいぐらいだと思います。
中で折り返していても見えませんので。

とまあ、こんな具合です。あまり気にする必要もないですが……。
ただ交通誘導、特に工事系に出ることが多いかたは、
よろけたり転倒したりが命取り
になります。
長すぎるズボンをそのままか裾を折り返して短靴を履くなど、
裾を踏んだり踏まれたりしかねない穿きかたは避けてくださいね。

posted by 警太朗 at 09:19| Comment(0) | 警備TIPS / オススメ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

スイッチ入れたの誰なのさ

だんだんと暖かい日が増えてきて、
自宅にいてもファンヒーターを切ってる時間が多くなりました。
そのときもファンヒーターを消したまま
ブログの下書きなぞしておったわけですが……。

目の前で勝手にファンヒーターのスイッチが入りました!

もちろん一切触れてませんし、私以外には誰もいません。
まあちょっと前までなら鳥肌モノだったかもしれませんが、
今は近所で工事やってて頻繁にトラックが出入りしてるんで……
誰かが違法改造の無線で強化電波飛ばしまくってるんだろうと。
あれって本人とか車の電装系は影響受けないのかねぇ。

にしても、自分がいる時間だったから良かったようなものの、
火の気だけに留守中にこんなことが起きたら困ります。
長期間の工事だし、外出時はコンセントを抜いてかないと
いけないってことか……だりぃ(溜息)。

これは今風のタッチ式スイッチの弊害ですな。
連続稼動時間で勝手に切れるとか個人的には余計な機能だし、
やっぱりこういうのは昔ながらのシーソースイッチみたいな
完全機械式の電源スイッチがいいです。

posted by 警太朗 at 04:40| Comment(2) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

簡単な現場などない

現場の警備員にはけっこう禁句が多かったりしますが、
サービス業的な意味での禁句ではなくても
口にしないほうがいい表現はあります。

例を挙げると「〜〜の現場は簡単(退屈)」なんてのですね。
間違ってもクライアントや一般のかたに聞こえるようなところで
言ってはいけません。

ただでさえ立ってるだけ・棒振ってるだけと誤解されがちな仕事です。
クライアントからすれば簡単に見える(現実は別として)現場で
こんなことを言われたら「じゃあ警備員いらないじゃん」でしょうし、
実際には危険な現場だったなら「ふざけんなこの野郎」でしょう。

また『簡単』というのは、身内からダメ出しされるタイプの隊員が
口にしがちな言葉でもあります。
現場をナメてるとか、
危険の芽に対して鈍感と思われても仕方がありません。

仮に簡単な現場というのが事実だったとしても、
全力で仕事していればそういう発言はおのずとできなくなるはず。
その気になれば注意すべき箇所はいくらでも見出せますし、
所作や言葉のひとつひとつに気を配るという形での研鑽もできます。

たとえば巡回中、背筋は伸びてますか? 足は速すぎませんか?
実際にノブを回して施錠確認してますか? 指差呼称してますか?
天井まで見てますか? においや音にも注意してますか?
手の形はどうですか? 軽く拳を作るのが一番きれいな形ですよ。

世間で簡単な仕事だと思われていればこそ、
簡単な現場なんてない、ぐらいの気持ちで警備したいものです。

posted by 警太朗 at 06:03| Comment(4) | 警備TIPS / オススメ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

ケータイの罠

近年は固定電話を引かずに携帯電話だけで済ます人が増えましたね。
特に独身など家族と同居でない人はその傾向が強い気がしますが、
ということは警備員もそうだということでして(大汗)。

さて、以前お話ししたことがあるように、我が社の管制には
ウッカリさんな隊員宛にモーニングコールする業務があります(苦笑)。
ところがこの携帯しかないってのが、しばしば落とし穴と化しまして。

その1! いくら電話しても圏外、つながるのは留守電ばかり!
その2! マナーモードにしちゃってて鳴らしても気がつかない!
その3! 気付かない間に電池切れしてる!

これじゃモーニングコールしても意味ありません。
かくして勤務予定でありながら連絡の取れない隊員は絶えることがなく、
そのたびに青くなりながら代わりの手配をするのでありました。
ホント子供じゃねぇんだからさぁ……父ちゃん情けなくって涙出てくらい!

posted by 警太朗 at 05:45| Comment(0) | 警備TIPS / オススメ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。