2013年01月31日

パチソンの破壊力

以前『お題の作者の画風で別人のキャラを描く』という記事
ご紹介したことがありますが、今回はそれに近いものがあるかも?

パチソンというのをご存知でしょうか。
今風に格好良く言うなら『無名歌手による低予算カヴァー』ですかね。
オリジナルと異なる知名度の低い歌手でひたすら低予算に制作された、
そのぶん安く買えるという楽曲です。
歌手の実力が水物で、声質も曲とマッチしてないことが多く、
歌詞や演奏はかなり適当で間違え放題、伴奏の編成もチープで
珍妙なオリジナルアレンジが入りがちなどの特徴があります。

私が子供の頃はデパートやレコード店のワゴンセールの常連で、
パチソンばかり数曲入ったカセットテープが売られていました。
ウチのようなお金のない家はパチソンを買い与えられるのが普通で、
子供心をときめかせながらカセットをテープレコーダー
(デッキとかラジカセなんてなかった)にセット! 再生したら大失望……
という悲しい場面が幾たびも繰り返されたのであります(苦笑)。

でも大人目線で見ると、あれはあれで味があったんですよね。
今となってはオリジナルよりも聞くのが困難な存在ですが、
幸いネットにはパチソンを公開しているかたがいらっしゃいます。
というわけで、今回は玉石混交のパチソンから
特に破壊力の高い楽曲を数曲厳選してご紹介!


ボーカルのメロディは、70'sパチソンとしては原曲に忠実な部類かと。
なのに伴奏がまったく原形とどめてねぇ! おかげで勢いもまるでねぇ!
イントロなどのそこここに劇中BGMの面影が感じられるのが謎。
声もなんか巴武蔵っぽいし……どうしてこうなった!?(汗)

……どうだい、ワイルドだろぉ?(汗)
ボーカルも3番で盛大にやらかしてくれちゃいます。
でも低予算ゆえの一発録りが基本のパチソン、派手なミスも味のうち!


3番がないとかテンポ違ってるとかはパチソンの標準仕様です(笑)。
さらに演歌調のアレンジで原曲の軽快感を一掃、
「ゼロワン・ぼでえい〜」等の節回しが昭和を懐古させる笑撃の逸品!
当時でもきっとコレジャナイ感ハンパなかっただろうなー(苦笑)。


最後にグレートマジンガー詰め合わせ。1曲目はオリジナル。
2曲目(2:35〜)はTV版ファーストガンダムの池田鴻さんによるカバー。
パチソンでは出色の作品。安心して聞けます。ムダな勢いがステキ!
3曲目(5:05〜)はアレンジがフリーダムすぎ!
完全にグループサウンズと化しております。必聴!
4曲目(7:40〜)は発音が変なのか音源の劣化か……妙な味があります。
そしてトリ(10:25〜)は近年のセルフカバー。
ちょっとやりすぎ感も漂ってますが、間奏がめちゃめちゃ燃えます!

posted by 警太朗 at 02:14| Comment(0) | AV / 本 / ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

日報の記述

「警備日報ってどんなふうに書いたらいいんですか」
新人さんや、その現場はお初という隊員からときどき尋ねられます。
……んー、どんなふうにっても、決まりはあまりないんですよね。
そもそもフォーマットが会社や現場単位ですら変わるものですし。

普通は既にファイルされている日報があるはずなので、
それを参考に書くのが無難でしょう。
新規立ち上げや臨時の現場でクライアントの指示が特になければ、
まずは会社標準の日報で書いてみる形ですかね。

ただ内容については一家言ございます(笑)。
一部項目はつい『特記事項なし』で済ましてしまいがちなものですが、
それだと日報の意味が薄くなってしまいます。
「業務中に起きたこと・気になったことをなるべく書く」ようにしたいもの。

例えば危険運転をする車があればそのナンバー、車種、色など。
不審者の人相・着衣とその行動、目撃場所。
歩行者がつまずく等の危険要因があったならその地点・箇所。
出入管理簿など現場備え付けの書類に記載した事項の補足。
落とし物の届出や、目立った質問・苦情の内容。
鍵など重要な物品を授受した相手とその所属。
イベントにあっては歩行者が滞留しがちだった場所・時間帯等。
これらに必ず、日時と周辺状況を添えて記入します。
(ゆえに普段からメモを持ち歩き、控えるようにする癖が必要です)

ときには『書かないことが求められる』場合もあります。
元請けの警備会社が「悶着があった」とクライアントに
思われたくないために(現場を失いたくないために)諸々をすっとばし
『特記事項なし』の記入を指示されるといったケースですね。

これは警備の眼目からいえば間違っていますが、
警備員とてサラリーマン、上から指示されれば従わざるをえないもの。
そういった現場では、私は危険性の高い内容や切羽詰まった事象に
絞り、極力当たり障りの薄い表現で書いちゃうことにしています。

そして実はここからが重要なコツだったりするのですが……
提出できる相手が複数いる場合は、相手を選びます。
話をわかってくれる人がベストですが、
あるいは対極の、目も通さずに即ファイルというタイプの人に渡す!
ま、現場のささやかな抵抗ですね(笑)。

ともあれ、クライアントや会社にその日の出来事を伝えるのが日報。
本当に何もなかったなら何もなかったと書くのが仕事ですし、
警備的な文言や言い回しでとやかく言われることは通常ありません。
まずは誰にでも読める字で、その日あったことを丁寧に書くこと。
それが日報に一番求められるポイントでしょう。

posted by 警太朗 at 05:40| Comment(0) | 警備TIPS / オススメ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

メタボの時代

でぶ……もとい、メタボの時代キターーーーー!!
やっと警太朗も街を大手を振って歩けるようになりそうです(笑)。

『世界290万人調査で判明「小太りが一番長生き」
 理由を医師解説』 (NEWSポストセブン)

思えば、太っているほうが痩せてるより
ガンの罹患率は低いという統計をどこかで見た記憶があります。
発ガン物質が脂肪に取り込まれるからとか聞いたような……。
それもこの統計に関係してるんですかね?

でもま、だからといってこれでモテモテになるわけでもなく。
結局は美醜、遺伝子の問題となっ(溜息)。

うちの会社には自分より10cm近く身長の高い隊員がいまして、
私は氏によくメタボネタでイジられてたりするのですが、
先般実は体重はほとんど違わないということが発覚。
身長であんなに変わるなんて……遺伝子って得だよな!(涙)

posted by 警太朗 at 18:36| Comment(0) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

地球は広いな大きいな

朝の天気予報で、日の出の時間が早くなってきたと言ってました。
確かにちょっと前から日照時間が長くなってきてると感じます。

でも寒さのピークは今から2月ですよね。
日が長くなっても、空気があたたまるにはそれだけ時間がかかると。
地球の大きさを感じさせる話です。

考えてみれば、こっちがどんなに寒くたって、地球の裏側に行けば夏。
その地球でさえ、宇宙においてはチリのような存在と言われます。

一体何がどうしてこうなって、この世界が成立してるんだろうっていう。
科学的な理論や理屈がどれだけあっても、本当に不思議なものです。

posted by 警太朗 at 07:25| Comment(0) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

あぶない社員証ケース

社員証ケースでよくあるのが、首に提げるストラップタイプのもの。
一般的な企業であれば、それで問題が生じるとすれば
シュレッダーに巻き込まれる等の場面かと思われますが、金融機関や、
こと警備会社となるとどうよ?という疑問が残ります。

個人的に、警備会社が隊員にネクタイをつけさせる場合はクリップ式の
ワンタッチタイにすべきとずっと考えているのですが、理由はそれと同じ。
暴漢に掴みかかられたとき、首を締める凶器にされかねないのでは?と。

一部の製品は強く引っ張られると名札部が分解したりもするようですが、
シュレッダーのような状況には有効でも、賊相手の効果は……?
まあ滅多にないケースだと言ってしまえばそれまでですが、
警備会社がそれを言ったらマズいですよね。リスクは極力回避しないと。

この仕事に就いてまだ間もない勤務で、チンピラ系の客に
制服の襟首を掴み上げられた経験のある警太朗は、強くそう思います。
金融機関のネックストラップ使用率は高いように見受けられますので、
担当者様はぜひ一度ご検討ください。

posted by 警太朗 at 12:20| Comment(0) | 防犯 / 防災 / リスク回避 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。