2012年12月08日

新人率

先日入った、とあるイベントの現場。
配置数が2桁台と、ウチの会社的にはけっこう大掛かり。
しかも同日は他にも大きな現場がかぶっており、
どう隊員を配分するのか、若干不安に思ってました。

で、現場に入ってビックリ。
見渡す限りの知らない顔……。

なんと新人率8割でした(大汗)。
新任教育終えたてで1度も現場に出てない人ばかりで、
経験者はわずか数名。
さらに隊長がおっしゃるには、
「警太朗さん班長ね。7人面倒みてあげて」

……あ〜のぉ〜なぁ〜!(涙)
ふだん単独勤務ばかりで班長だのめったにやらない
人間に、前フリもなく完全な新人を7人も押し付けるって
一体どういう了見でぇ!

「警太朗さんのやりやすいようにやってくれていいから」
とは言われたものの……不安はもろに的中。
ポケットに手を突っ込んで歩く、ガムを噛みながらやる、
応募仲間同士でくっちゃべる、女性隊員をナンパする、
道を聞かれて誘導棒で指し示す、
無線の使い方が分かってなくて混信させまくる……。
予想通りすぎて笑えてきちゃいましたよ(大泣)。

かくなる上は、俺のやりやすいようにしていいという
言質を行使することにします!ってことで、
7人中数名はポストに立たせておくだけにして、
あとは自分が走り回ってこなすことに。

とはいえ経験者だけではどうにもならないので
(経験者組は最後まで休憩が取れませんでした)、
数名の熱意ある新人さんにしわ寄せがいくという状況。
初現場なのに難しいポストを任せざるを得ず、
気の毒なことをしてしまいました。

しかし、ひとつとても嬉しかったこともありまして……。
上記の理由から、途中で人手の薄い場所に
転配(ポストを変えること)せざるを得なかった
新人さんが、下番後に居残って質問してくれたのです。

「私が途中で配置を変えられたのは、
 なにか失敗したからでしょうか?」

とんでもない!
今回NGだった人の仕事は経験者で分担するだけで、
フォローして覚えてもらう余裕がありませんでした。
あなたにはやる気を感じてアテにしたからこそ、
配置を変わってもらったのですよ!

大変なポストを任せてしまった新人のみなさん、
本当にすみませんでした……そして、お疲れさまでした。
これに懲りず、ぜひまた現場に来てくださいね!

posted by 警太朗 at 20:58| Comment(3) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

その目なんの目

某施設にて立哨中、いわゆるグリコ森永事件の犯人とされる
キツネ目の男にクリソツもいいところな中年男性を目撃!
思わず視界から消えるまでガン見してしまいました。

考えてみれば、もう30年近くも前の事件です。
年の頃からして犯人そっくりに見えたというのは、
すなわちあの人は犯人ではないということでして……。
キツネ目の男は当時の推定年齢が35〜45歳だそうなので、
生きていれば少なくとも還暦以上にはなりますか。

ちなみに身長も結構高め(キツネ目の男は約175cm)、
似顔絵との相似だけで言えば、当時似ていると言われた
作家の宮崎学氏よりもはるかに似てました。

あの犯人はどこへ消えたんでしょうねぇ。
表沙汰になってなくとも、うまいことやりおおせたのでしょうね。
脅迫だけでなく実際に毒入り菓子がばら撒かれたわけで、
たとえ時効でも犯人の特定はされて欲しいと願っております。

posted by 警太朗 at 20:54| Comment(0) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

立ちっぱのあと

長時間の立哨とか動哨がある現場のあと、
寝ている間に足が攣っちゃうことはたまにあるのですが、
このところやたらとその率が高いのです。

おかげで元々そんなに熟睡できないタチなのが、
さらに眠りが浅くなってしまいがちで少々グッタリ。

果たして、やっとこ風邪が抜けたばかりだからなのか、
それとも食事が高カロリーな割に栄養不足なのか?(汗)

posted by 警太朗 at 19:21| Comment(0) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

寿司屋でプリン

友人に言わせると、回転寿司でデザートだのを頼むのは
邪道なんだそうですが、そんな意見は無視します(笑)。

かっぱ寿司の『プレミアムKAPPAプリン』がうまい!
豊かなたまごの風味、スプーンがす〜っと通るやわらかさ、
なめらかな舌触りと、私の好みド真ン中のプリンなのです!

店舗限定だそうですので、お近くのかっぱ寿司で
見掛けられましたら、ぜひ注文してみてください!
私は肝心の寿司を控えてでも2個は食べてしまいます(笑)。
持ち帰りもありますぞ!

posted by 警太朗 at 22:13| Comment(0) | B級 / C級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

トンネル崩落事故に思う

このたび中央自動車道笹子トンネルにおいて
事故に遭われたみなさまにお見舞いを申し上げますとともに、
亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

今回、もし不幸中の幸いなるものがあったとするなら、
この事故が渋滞中に起きなかった点に尽きるでしょう。
同トンネルは土日には渋滞しやすかったということです。

本来、夜間でなかったこともプラスに働いたはずですが、
結果的に救助が長時間化して亡くなられたかたもいます。
事故当初、トラック運転手のかたが
車内から救助を求める電話をされていたと聞くにつけ、
これほど残酷な亡くなりかたはないと同情を禁じ得ません。
どんなにか恐ろしかったでしょう。

ただでさえ一方向に走り続けるしかない自動車道において、
トラブル遭遇時の選択肢がさらに大きく制限されるトンネル内。
特に今回のような事故においては、
個々人でのリスク回避は事実上不可能と言っていいでしょう。

一般的なトンネルがどの程度の間隔で
補修を受けるものなのか分かりませんが、
完成から37年、供用開始から35年を経た笹子トンネルが
一度も補修されていなかったという報道には本当に驚きです。

関係各所には、徹底した原因究明をお願いします。
設計や技術、物理的な問題はもちろんのことながら、
老朽化を見越した運用をしてこなかった人災の可能性まで
しっかり踏み込んで追及していただかなければ、
被害者やご遺族ならずとも納得できるものではありません。

posted by 警太朗 at 09:26| Comment(0) | 防犯 / 防災 / リスク回避 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。