2012年12月26日

歌は夜更け過ぎに 歌詞が変わるだろう

クリスマスというと、昔友達が歌った替え歌をいまだに思い出します。
まずは一曲、恋人がトナカイに乗った白い髭のおじいさんな曲!

♪ 恋人はさんざん苦労 本当にさんざん苦労
  尽きる金を見越して
  恋人はさんざん苦労 セコさない さんざん苦労
  融資の街から来た
  (中略)
  恋人はさんざん苦労 本当にさんざん苦労
  プレゼントを抱えて
  恋人はさんざん苦労 寒そうなフトコロ
  融資の街から来る

そしてもう一曲……シモ系ですが(汗)、本番も終わったしいいよね!?
良い子やそっち方面の嫌いは人は読んじゃダメですよ?
こちらは雨が夜更け過ぎに雪に変わる曲のフシで!

♪ きっと君はオ×ニー ひとりきりのクリスマス・イブ
  Umm... さいでんなぁ ほうでんなぁ

恋人がいてもおひとりさまでも辛いねぇ、ということで……(笑)。
後者は特に、初めて聞いたときの衝撃ったら!
当時はシモネタ関係に興味津々なアホ丸出しの子供でしたから、
ツボって腹抱えて笑いましたよ。

……いまだに思い出すのは当時から成長してないってことか(涙)。

posted by 警太朗 at 06:41| Comment(0) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

英断

このイベントを目当てにお出かけになったかたには気の毒でしたが、
個人的には英断だったと思います。

『東京駅光のショー、途中で中止 道に観客あふれ危険』 (47NEWS)

こういうイベントを中止すれば、来場者の批判を避けられないのは
当然のこと、それ以外にも人出を見誤ったのではないか、
動線設定などの問題ではないかといった指摘も生じます。
ゆえにズルズルと引き際を見誤り、事故に至るケースが多くなると……。

事故を未然に防いで批判に晒されるか、
運を天に任せて事故が起きるかどうかのギャンブルをするか。
大規模なイベントになるほど中止そのものの責任も大きくなりますが、
誰も事故が起こらないうちから責任など取りたくありません。当然です。
でも、それでは警備の意味がないというジレンマ……。

イベントを楽しみにされていたかたは、さぞやがっかりされたことでしょう。
でも事故が起きてからでは遅かった、
そして事故を未然に防いだがために責任を問われるかもしれない
人もいるということは、ご理解いただければと思います。

posted by 警太朗 at 07:07| Comment(0) | 警備日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

ブルータス、お前もか

長らく強く惹きつけられるタイトルにめぐりあえず、
ずっと放置プレイになっていた我がNintendo 3DS。
友達に誘われて『とびだせ どうぶつの森』を始めました。

昔のもの(確か初代)はプレイしたことがありましたが、
毎日地道に続けるには変化に乏しいという印象でした。
それからくらべると、色々と格段に進化しています。

限界はあるにせよ、プレイヤーを飽きさせないように
なるべく色んな要素を盛り込もうという姿勢が気持ちいい!
というわけで、暇を見てはちまちまプレイしてきたのですが……

なんだよ、ゲームの中の村までクリスマス一色かよ!

お前たちは一生懸命ムラのために働いてる(?)
この俺の気持ちを分かってくれてると信じてたのにッ!(涙)

ええ、もちろん今年「も」クリスマスっぽいことなんて
なぁ〜んにも!縁がありませんでしたがなにか?

posted by 警太朗 at 23:08| Comment(2) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

飲むポテト

疲れたときには甘いものとよく言われますが、
エルビーの『スイートポテトラテ』がイイと思います!

味はもう他に説明のしようがないぐらい
スイートポテトまんまです。まさに飲むスイートポテト。
けっこう甘いので人を選ぶかも……だがそこがイイ!

「スイートポテトの味は好きだけど、舌のザラザラ感や
口の中が乾く感じが苦手」という知人がいるのですが、
そういう人にこそオススメしたい!(笑)

posted by 警太朗 at 21:48| Comment(0) | B級 / C級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

終末のおわり

仕事でバタバタしてブログ更新もアブアブな昨今です(汗)。
気付いたら地球滅亡の日(マヤ暦準拠)が終わってました。

昔から終末論は世紀末ごとに台頭してきたそうですし、
ハレー彗星の尾を地球が通過して大気が汚染されて滅亡とか、
ノストラダムスの予言だとか、
なにげに人類は破滅願望の強い生き物なのかもしれません。

仲間内ではマヤ人だって永遠に暦づくりできるほど
ヒマじゃなかったろうから、どこかで必ず区切りはつけただろう、
それが2012年だっただけだろうって言ってたわけですが、
今回も少数ながら本気で信じたかたはいらしたようで、
そこだけは助かると言われた聖地?に避難されてたりしたとか。

私生活が平和だとそうなるんですかね?
毎日生きるのに必死だと、いつ死ぬかの心配はしないわけで。
ある意味、今回の自分もそんな感じ?(ぉぃ)

NASAが公式に終末を否定したり、
マスコミにも真面目にこの話を扱ったところはあったようですが、
それだけ平穏な生活を送れてる人が多いってことなんでしょう。
今のところ集団自殺が起きたとかって話も耳にしませんし、
きっといいことだったのですね……ウン。

posted by 警太朗 at 06:20| Comment(0) | 近況 / 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。